ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

ゲームブック『展覧会の絵』

かつて、一世を風靡したゲームブックというものがあります。
流行った期間は非常に短いのですが、結構好きでした。

どの作品がナンバーワンか、という話になると、絶対に出てくるのが、ソーサリーシリーズと、ドルアーガの塔シリーズです。
確かに両方とも名作であることは論を待たないのですが、両方ともシリーズであり、ソーサリーは全4冊、ドルアーガは全3冊です。
私としては、単発作品であり、様々な理由から優れている『展覧会の絵』がナンバーワンであると思っています。
かつてあったウォーロック誌でも、人気投票で一位だったはず。
その理由を述べることで、展覧会の絵の魅力を語ってみたいと思います。

・まず、一冊できちんと物語が終わっている。だから金額的にも安くて済むし、531という項目数も本の厚さも丁度良いベスト。
たしか、当時の金額で500円だったはず。当時は消費税はありませんでした。社会思想社のファイティング・ファンタジーシリーズは、400項目で480円が一般的でした。
そう考えると、項目数の割には値段は良心的。
項目数が少なすぎると物足りなくなりますし、逆に700とか800とかになると本は厚くなるしその分値段も高くなるし、内容的にも飽きて中だるみして、戦闘シーンなんかは飛ばしてしまうことも多くなってしまいます。中盤以降は相手の数字を見れば、勝てるかどうか、ある程度読めてしまうんですよね。
展覧会の絵は、丁度良い長さでした。

・本文前のルールが無い。ルールがシンプル。
普通のゲームブックでは、どうしても、本文の前にルール説明があります。特に戦闘と運試しです。
サイコロをふって判定をする。必要なのは分かりますが、早くプレイを始めたいところへ、説明を覚えるのは面倒です。ファイティング・ファンタジーシリーズのように、基本ルールが同じならば、ルールをすっ飛ばして始めることもできますが。ソーサリーやドルアーガのようなシリーズものなら、第二巻以降はルール読まなくても大丈夫でしょうけど。
そもそもソーサリーの場合、魔法使いとしてプレイする場合は最初に巻末にある48種類の魔法を覚えなければならないのも厄介です。
そこへくると展覧会の絵は、ルールらしいルールが冒頭にありません。「これから、あなたの冒険が始まります」的な注意書きがちょっとあるだけです。
といってもゲームブックですから、ルールが無いわけでもなく、戦闘もありますし、サイコロをふることもあります。
基本的なルールは、一枚目の絵である第一章の最後あたりで説明されます。
そのルールも非常にシンプル。真の楽師の琴の三種類の歌の数が体力値などの代わりに使われます。弦の色の歌はゼロになったらダメで、他の二種類の歌はゼロになるまではオーケー、というのがちょっと複雑といえば複雑ですが、せいぜいその程度。
あとは、宝石を集めて、最後に点数を計算するところが、ちょっと厄介か、といった程度です。
ルールのシンプルさ、が展覧会の絵の大きな魅力です。
和製ゲームブックは、どうしてもルールが複雑化する傾向がありました。確かにファイティング・ファンタジールールはシンプルすぎてバランスが悪い、という指摘もあったのはあったのです。だが、戦闘ルールをはじめとするルールが複雑になると、最初のうちはきっちりしていて面白いのですが、すぐ飽きるんですよね。サイコロをふって複雑な計算をするのが面倒になる。それだったら、確かにコンピュータにサイコロをふらせる方がマシです。和製GBのルールの複雑化、というのは、ゲームブックのその後の急速な衰退の原因でもあったと思うのです。

・双方向と一方通行の両方を、上手く使い分けている。
大抵のゲームブックは、どちらか一方だけです。
双方向は和製に多いものでした。隅から隅まできっちり網羅しないと気が済まない日本人タイプなのでしょうか。
双方向の良いところは、好きなところへ全部行けるので、本として、項目の無駄が少なくて済みます。
短所としては、慣れていない人にとっては迷うこと。迷路ばかりが多くなって、実際に実のある項目が減ること。物語としての進捗があまり感じにくいこと。同じところを通った時の扱いが、どうしても難があることなどがあります。キーナンバー方式を使って、同じ場所で同じ敵が二度出てこないようにしていることもありますが、項目は無駄に増えるし、キーナンバー管理が煩雑です。
双方向タイプでは、すごい立体迷路とか出てきたりもしましたが、基本的にゲームブックって、迷路って楽しみどころではないんですよね。単なる面倒なだけの障害であって。
一方通行だと、どのへんまで進んでいるかが、ある程度分かりやすかったりします。スローベン・ドア4つのうち、2つを抜けたとしたら、約半分くらいかな、とか。
一方通行の欠点は、本として項目の無駄が増えてしまうこと。
一つ道を間違えて必要なアイテムなどを取り損なったら、また最初からやり直しになるため、二度目以降のプレイに飽きが出ること。
展覧会の絵では、全体としては10枚の絵を、一つずつ順番に進んで行きます。逆に戻ることはないので、進捗状況は分かりやすいです。
一つ一つの絵の中では、双方向のものと、一方通行のものがあります。チュイルリーの庭とか、バーバ・ヤーガと鶏の足の上の小屋なんかは一方通行で、こびと地の精やカタコウムなんかは双方向。古城なんかは双方向だけど、同じところへは行けないので一方通行的でもあります。
そういえば第一回ゲームブックコンテストで、努力賞だかに入選した高校生だかの作品は、双方向と一方通行を上手い具合に使い分けていたらしく、その部分は評価されていました。

・ゲームとしてバランスが取れていて、完成度が高い。
これは展覧会の絵の長所としては、案外見落とされがちな部分です。
経験値を稼いでレベルアップする和製作品などは、後半に行くと、大抵の敵が単なるザコになってしまったりします。ドルアーガシリーズでも第一巻はきっちり管理されていました。意図的な無限アップ可能箇所を別として。しかし第二巻以降は、特に金貨を出しすぎてしまい、完全にインフレになっていました。どうやって持ち運んでいたのやら。
ファイティング・ファンタジーシリーズの場合、主人公の能力値によっては、かなり難易度が変わってきそうです。技術点が高くて12とかだと、大抵のゴブリンとかの敵って、ノーダメージで簡単に勝ってしまう。逆に最低の7とかだと、そこらのザコモンスター相手でも苦戦は必至。体力点の消耗が激しくなります。サイコロの目が悪くても、上手く選択肢を選べば大丈夫、ということになっていましたが、実際には厳しかったですよ。
そこへくると展覧会の絵は、三種類の歌もバランス良く消費するようになっていました。選択肢を上手く使えば、歌の数が少なくても充分にクリア可能だったはず。また、途中で宝石を取り損ねたとしても、ある程度ならば大丈夫なようになっています。
一般的な、サイコロをふり合って体力点を削って行って死ぬまで繰り返す、というゲームブック定番タイプの戦闘シーンが無いからこそ、のバランスでした。

・文章、ストーリーが秀逸。
これこそが、展覧会の絵の最も顕著な長所でしょう。
そもそもゲームブックって、小説とゲームが合体したもの、だったはずです。
しかし翻訳物などは、文章が坦々としていて無味乾燥で、物語的な面白さは稀少です。
和製の場合は、文章はそれなりに書かれていて、単なる分かれ道パラグラフなど以外は、きちんと台詞や情景描写などもあるにはあります。
ただ、双方向だと、同じ場所を通ったら、何回も同じ文章を読むことになっちゃいます。
迷路が多いため、東へ行くか西へ行くか北へ行くか、だけの選択肢も多いし、キーナンバーの数値を問う選択肢も多いので、あまり文章やストーリーを楽しむところまでいかないというのが実情でした。どちらかというと、戦闘ルールが複雑だったキーナンバー集めをしたりして、物語よりもゲーム性に重きを置いていました。
展覧会の絵は、和製ゲームブックの中でも、情景描写などの文章は特に優れていました。
そして、物語性です。
記憶喪失の主人公。わけの分からない世界。その謎が、物語の進行とともに少しずつ明かされて行き、最後は感動のグランドフィナーレ。
ゲームブックは多数あり、その中でゲームとして面白いものも多数ありました。
しかし、小説とゲームの合体でありながら、小説として文章、物語が面白いと思えるゲームブックは、恐らく展覧会の絵が唯一無二ではなかったでしょうか。……ああ、『送り雛は瑠璃色の』が、小説重視異色作品として、ありましたかね。


・世界観、雰囲気。あとイラスト。
もちろん他のゲームブックにも世界観や雰囲気はありますけどね。
展覧会の絵の場合、その世界観や幻想的な雰囲気が、既存のゲームブックとは明らかに一線を画した独特なものでした。
ゲームブックはどうしてもゲームということで、モンスターとの殺伐とした戦いがあり、ゴブリンとか出てくるものが大半でした。だから、割と雑然とした中世西洋的な異世界を舞台としていました。
展覧会の絵は、どこともつかぬメルヘンチックな世界観。モンスターとの戦闘よりも物語の進行がメインです。まあ、ミノタウロスとの戦いとかもありましたけどね。
イラストは、当時売り出し中だった米田仁士氏。復刊版では別の人です。

結局のところ、作者本人のどこかで仰っていましたが、本作品の魅力は、ムソルグスキーが作曲した『展覧会の絵』という曲の魅力に大部分を負っている、と。
それは、まぎれもなく事実でしょう。
ゲームブック版展覧会の絵も、あとがきに言及があったように、ムソルグスキー原曲のアレンジの一つなのです。アレンジは多数存在しますが、充分に優れたアレンジだったのではないでしょうか。

そんなこんなで、ゲームブック展覧会の絵は名作です。
展覧会の絵のような名作ゲームブックをもっと沢山読んでみたかったところです。
創土社で復刊されているようですが、新書版になって、値段も高いのが難点。
その上更に、復刊されたのが数年前なので、今では本屋に行っても復刊したものを見つけるのも難しいです。
ドルアーガなんかは、二巻までは復刊したけど、三巻は復刊していないらしい。……一、二巻の売り上げがイマイチで、三巻までは出せないということなのでしょうか。
創土社では新しいゲームブックも良作があれば出す、とのことですが、現実にはもう、そういう復刊以外ではゲームブックが刊行されることもないでしょう。
ゲームブック展覧会の絵は、旧版でプレイして、その後復刊版も買ったのですが、今ではいずれも持っていません。
でも音楽として展覧会の絵は、今でも好んで聴きます。
キーワード:展覧会の絵

『ムソルグスキー:展覧会の絵 5態』オムニバス(クラシック) (アーティスト), ムソルグスキー (作曲), ショルティ(サー・ゲオルグ) (指揮), レオポルド・ストコフスキー (指揮), エルガー・ハワース (指揮)他
ユニバーサル ミュージック クラシックAmazon.co.jp


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:忘れられない本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。