ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

キン肉マン、GO FIGHT!

コンビニに行くと、キン肉マン系の商品をよく見かけます。
なんでも、今年で29周年だとか。
なんじゃその中途半端な数字は……と思ったら、肉、ニク、29……ということらしい。
現在では、キン肉マンの息子世代の活躍を描いたマンガが連載されているようです。つまりは息の長いシリーズ。
なんにせよ、シンプルだけど名作だと思います。アニメ化もされて、キン消しというカプセル入りキャラクター商品も大ヒットしましたし。
ということで、キン肉マンの魅力を分析。
分析というほどのもんじゃないですが……
まず、やっぱりキャラクターの魅力。
主人公キン肉マンも当然ですが、周りを固める個性的な超人の数々。
正義超人、悪魔超人……他にも色々。
テリーマン、ロビンマスク、ラーメンマン、バッファローマン、アシュラマン、悪魔将軍、ネプチューンマン。いっぱいいますね。
ただ、男と男がプロレスでぶつかる、という内容のため、女性キャラは弱いですね。マンガ版とアニメ版ではヒロインが違うようです。つまり、萌え要素に頼らずにあれだけの面白さ、人気を獲得していたということ。それだけ、キャラが個性的だったということです。
そしてやっぱり、忘れちゃいけないのが、主人公キン肉マン。
牛丼好きのドジなキン肉マンが、努力と友情で闘い、成長する。王道少年漫画です。
内容が内容だけに当然バトルもありますし。

そういえば、アニメでキン肉マン役をやっていた声優さんは神谷明さんでした。ひーろーといえばこの人って感じです。
神谷明さんが今までに演じたキャラクターの中で一番好きなのは、シティーハンターの主人公冴羽僚だと仰っておられたはずです。その理由が、闘いでの強さと、日頃のドジなギャグ要素と、エッチな面をみんな持っているから、だそうで。
キン肉マンって、ほぼ同格だと思います。エッチな面はあまり無いような気もしますが、それはマンガ自体が、女性キャラがほとんど登場せず、ヒロインも弱いから仕方ないでしょう。
牛丼好きとか、実は王子だけど、豚と間違えられて捨てられたとか……なんか妙な設定もありますし。

コンビニでは、かなり大きめの牛丼おにぎりが売っていました。
でも、キン肉マンが連載され、アニメが放送されていた頃とは社会情勢が違っていて、牛丼、もっといえば牛肉を取り巻く状況は厳しいですね。
ちなみにアニメでは、牛丼一筋300年~♪というギャグを毎回のようにやっていたらしいですが。今はもう放送から年月が経っているから、牛丼一筋約329年くらいになるのでしょうか?
あのギャグが余計だ、と思っていた視聴者もいたらしいですが、私としては、マンガとアニメは違うものですし、そういう「間」をとるものはアニメには必要だと思います。
それこそヒーローものだと、毎回同じ映像を流している変身シーンとか。
それに原作マンガよりも、アニメの方がギャグシーンが多かったという説もあるようです。
そこに、キン肉マンというキャラのギャグ要素を盛り込んでいるわけですし。

改めて考えてみても、やっぱりキン肉マンはヒーローです。
かっこいい。
ドジなギャグキャラですけど。

キーワード:キン肉マン

キン肉マン&ロビンマスク ガムポット ケース販売(各3個入り)
ナジャ工房



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。