ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

後に引く勇気

もちろん、前に進むことが大事という大前提はあります。
それでも、時には冷静に自分の立ち位置を見直し、場合によって必要ならば後に引くこと。それも勇気、大事なことではないか、と思ってみたりしました。

例えば、会社もそう。
私の知っている会社は、売上を伸ばすことを考えすぎたため、無理をして、結局は法律違反に走ってしまいました。
なんか、例のライブドアもそんな感じですよね。起訴事実が本当だとすると。前に進み過ぎて、粉飾決算に走った。本当の意味で会社を育てるためには、我慢の時期をのりこえて、しっかり足下を固めなければならなかったのに。
以前にやっていたアニメでも、とある大企業がおなじような轍を踏んでいました。最後にやり手女社長が、後に引く勇気が必要だったのね、と悟るという。

ここで言うのは、先日終わった北京五輪。
全般的には日本選手は頑張っていましたが、大惨敗した競技が3つ。
男子サッカーと野球とマラソン。マラソンは男女ともですが、特に女子です。

男子サッカーの場合、誰が監督だろうが、選手として誰を代表に入れようが、あまり違いって無いと思うのですよね。2006年ワールドカップの時も、ジーコ監督の采配にも確かに疑問もありましたが、じゃジーコ監督以外だったら勝てたかというと……どうでしょう。あそこまで惨敗ではなかった、程度じゃないかと思います。日本と世界との間には、まだまだ歴然とした超えられない壁があると思うので。

北京五輪の野球は、調子は悪いけど実績のある選手を使って……
でも、終わってみると、四番打者とか他の選手も「実は故障していました」と。
確かに、期待を背負っているから、「怪我しているので出られません」とは言いにくいと思います。自分だってその立場だったら、言いにくいと思うし。
でも、怪我を抱えて無理して出て、惨敗して、しかも怪我を悪化させては、誰が得をするのかと思います。
野球の場合は、サッカーと違って、調子の良い選手を使っていて、采配がきちんと当たれば、充分金メダルをとれていたと思えるので。
女子マラソンも同じかな。
一人が故障を理由に出場辞退しました。まあ、故障するまで無理をしない、もっと早めに結論を出す、補欠選手を用意しておく、といったことが無かったのは惜しまれますが、まあ仕方ないでしょう。
で、期待がかかったもう一人の選手が、……途中棄権しました。
そりゃ、自分も辞退します、とは言いにくい状況でしたが。でも体調が悪くてメダルが狙えるようなもんじゃないですし。そもそもマラソンの場合は完走することすら困難です。実際に完走できなかったわけですし。
結局、後に引く勇気が必要だったのではないかと。
キーワード:棄権
1回の睡眠で-2kg!?マラソン11時間分のカロリー消費を寝る前に飲むだけで実現♪スリープカッターベル・コンシェルジュ


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。