ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

ジャケ買い。商売だから、それでいいのだ。

まずタイトルは、亡くなられた赤塚不二夫さんの天才バカボンの中の名台詞から。
あのキャラ、目が繋がったやたらと「逮捕する!」と叫びまくる警官なんかは、権力の諷刺だったりしたんですね。ニャロメなんかは、権力に反発する側。たしかに言われてみればそうだ。
ご冥福をお祈りします。

以下ようやく本題。
最近、名作文学の本に、人気マンガ家が書いたイラストを表紙に配した、というケースがあって、そういう本が売れているらしいです。
太宰の人間失格とか。最近は川端の伊豆の踊子が出たとか。
表紙売りといえば、ラノベあたりでは当たり前のことですが。
名作と人気マンガ家ジャケのコラボって、私は実物は未だに目にしていないのですが、中身は普通ですよね?中身にもイラストがついているとは思い難いのですが。
でも、名作文学って、マンガ読みの人にとっては、いきなり読むには難しいと思うんですけどね。私が読んだってなかなか理解できにくいですし。
それは私が読解力の無いアホやからやねん。

でも名作文学にジャケ攻勢をやられると、ラノベは長所が大幅に減退して苦しいだろうな。
なんにしても、表向きの見た目は大事だということ。
少なくとも、大事と考える人、あるいはだまされる人が多いということを肝に銘じておきましょう。
キーワード:人間失格

烙印を押されました…I-B 「人間失格(トートバッグ)ナチュラル」
Tシャツ雑貨 No More Tears


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。