ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

オノエヤナギよ地球を救え!

以前にこのブログでオノエヤナギを取り上げました。
http://chanteclair.blog48.fc2.com/blog-entry-649.html
本日、テレビのニュースで見たのですが、ヤナギ、特にオノエヤナギは、バイオ燃料の材料として期待されているそうです。
バイオエタノールの原料としては、現在はトウモロコシや小麦、サトウキビが使われているそうです。その大部分がアメリカとブラジルで生産されています。
でも、いずれも人間も食用として使う作物です。そのため、世界的に食料価格高騰を招いているのは周知の通りです。
ヤナギは……まあ人間は食べないですよね。食用として可能かどうかは知りませんが。

現在はまだ試験段階ですが、オノエヤナギは、畑に枝というか苗というか、片手で持てるような細い棒状の物を挿すだけです。結構短時間で人間の背丈ぐらいに成長し、二年だか三年で収穫できるようになるそうです。
生産量はカラマツの三倍だとか。
検索してみると、2007年11月29日付けの名寄新聞にも「ヤナギの苗875本を植栽。下川町と森林総研・国内では初のバイオマス造林」という記事がありました。
http://www.nayoro-np.com/news/2007-11-29.html
地球を救うことができるでしょうか、ヤナギバイオエタノール。

アウトドアに。外に出たらオノエヤナギを見てきましょう。

エコフレーム 48個入りケース。エコフレームはブラジルのサトウキビから作られた携帯用バイオエタノールゲル燃料です。 天然のサトウキビから作られており、人と環境に優しいので、ホテル・ケータリング及び会館の暖かいお料理にお勧めできる全く新しい21世紀型の燃料です。
薪クラブ


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。