ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

自費出版の大手、新風舎、倒産

自費出版業界では文芸社と並ぶ大手だった新風舎が民事再生法の適用を申請だそうです。つまり倒産。
http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/07fuji320080107004/%25BF%25B7%25C9%25F7%25BC%25CB/
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080107/19403

サギまがいの商法だということで、訴訟を起こされるなど、トラブルも多かったようです。
自費出版というものを完全否定するつもりはありませんが、自費を投じてでも本を出したいという夢追い人の夢を食い物にして金儲けをしていたとしたら、残念ではあります。

ただ、新風舎、出した本に関しては、それなりの功績もあったのかなと考えます。
かつての名作を復刊させたり。
日日日氏のデビュー作の一つも、ここから出ていますし。どこか別のところから復刊されない限り、もう読めなくなっちゃうのでしょうか。
……それでも、倒産してしまえば、全てが虚しいですね。

ついで扱いで申し訳ないですが、中堅出版社の草思社も倒産だとか。
かつては、インパクトの強いタイトルのベストセラーを何冊も出していたけど……雑誌や文庫を持たない形態に無理があったとかなんとか。
出版業界も大変なようですが。

でもやっぱり、本を出したいと思ったら、自己満足で玉石混淆が多くなる自費出版より、ちゃんとした文学賞を取った方が確実みたいですね。


『ちーちゃんは悠久の向こう』日日日
新風舎文庫。日日日氏デビュー作の一つ。


『自動起床装置』辺見庸
新風舎文庫。芥川賞受賞作の復刊。


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/709-680dc2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。