ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

がんばれ中学生!防災は地元から

今日は九月一日
今日から九月なのですが。
もう秋、といいたいけど、昨日よりは暑かった。
そんなこんなで防災の日。
夕食時にラーメン屋のテレビで週かんこどもニュースで防災の日特集みたいのをやっていました。
たとえば東京近辺の話。
大地震が起きたら、交通が寸断されて、通学や出勤をしている人が、家に帰れなくなります。
まあ、そういう事態を想定して、家まで歩いて帰りましょう、みたいなイベントもあるようですが、それは本日は措いておきます。
つまり、高校生以上の学生、働いている大人は東京都心を初めとする都心部に取り残されます。
東京周辺の衛星都市には、子供と老人しか残っていないわけです。そんな中で災害が起きた時、救助活動などで戦力となってくれる人がいない!
そこで考えたらしい。
中学生に、救助活動で活躍してもらう、と。
なるほどね、と思いました。
中学生の時に、基本的な応急手当技術を身に着けておけば、その後の人生でも役立ちますしね。
もちろん問題点も提示されています。ムリをしない。一人で行動しないなどの原則も挙げられていました。
たしかに、危険な救助活動などは大人の、専門的な人に任せた方がいいでしょう。
ただ、軽い怪我の手当とか、ご飯の炊き出しとか、子供やお年寄りの話し相手などといったことなら中学生でもできるでしょう。それだけでも充分に戦力として貴重だと思います。
防災は地元から。こういう時こそ、地域での連携が必要になるのでしょうね。
防災の日が来ましたので、防災グッズの点検をしてみましょう。
明日が日曜日なので、明日やってみる予定です。


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/688-00fecef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。