ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

最初だけでなく、継続が大事

地元に、新しい本屋ができました。売り文句は、近隣最大の冊数。
行ってみました。場所としては市街地のほぼ中心部。大きな駐車場がある場所なので、立地的には文句のつけようはありません。
店は……確かに近隣最大に間違いなさそうです。売り場面積も広いですし、かといってスカスカでもありません。
品揃えもいいです。岩波文庫、ちくま学芸文庫なども豊富にとりそろえてあります。
専門書も豊富です。歴史学なら、西洋史なんかの本も多数。
学習参考書も多いようです。小論文とか。
ちょっとチェックを忘れたのですが、資格関係の本はどうですかね?
コミック、ライトノベルは、これも多い方だと思います。新刊も入りが早いようです。

長々書きましたけど、地元の人以外にとっては全く意味がないですね。
そもそも、地元がどこであるかも明記してはいませんし。分かる人には分かると思いますけど。

私が言いたいのはここから。これは恐らく全国各地に共通すること。
こういう新装開店の大型量販店って、出だしは勢いいいんですよ。
お客さんも来ます。珍しいから。
でも、新刊の入荷を早く的確にする、マニアックな品揃えを維持する、というのが無ければ、いずれ飽きて、お客さんも近場に行っちゃったり、アマゾンあたりで済ませちゃったりします。
そうなると、縮小運営、あるいは閉店なんてことになります。
今まで何度も、そういうのを見てきましたので。
ただこういうマニアックな本を扱うリアル本屋ってのは絶対必要なので、縮小しないで残ってほしいとせつに思います。


初心者さんの安心駐車!バックによる衝突防止にパーキングストップ。健康マーケット來來



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/658-939079b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。