ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

夏の高校野球。北北海道の展望を勝手にダベる

去年の本荘問題など、色々あって嫌気がさしてしまった高校野球。今年に入ってからは例の特待生問題があって、もうほんとウンザリなのですが。
それでも、甲子園を目指して球児が頑張っているのは事実でしょう。
どのチームが甲子園に行くのか、楽しみなのは間違いないです。諸々の問題があることを計算に入れてもね。
というわけで、自分的地方大会の展望でも書いてみます。
もちろん、私は高校野球に詳しいわけでもなく、情報も大したありません。以下に書くことは、根拠の無い妄想だと思っておいてください。
なお、私は北北海道の者ですので、当然北北海道の展望です。全国最弱地区ではありますが、めざせ旭川スタルヒン、そして甲子園、闘いは熱いです。

まず、支部を勝ち上がって、旭川スタルヒンに行けそうなチームはどこかを考えてみましょう。
もう組み合わせが決まった釧路支部から。
Aブロックは武修館でしょうね。春は特待生問題で出場辞退したためノーシードですが、たぶんぬきんでていると思います。
Bブロックは釧路江南。春も、釧路地区で代表になっていますし、例年釧路では安定して高いレベルにあります。スタルヒンでどれだけ勝てるか、ですね。
Cブロックは分かりません。
名寄支部も組み合わせは決まっていますが、ちょっと分かりませんね。
Aブロックの稚内大谷は北北海道大会に行けそう、かな。
空知支部。実はここが、今年からの目玉ですね。
南北空知支部が合併して全空知になりました。南空知勢、もっとはっきり言えば駒大岩見沢が北北海道に乗り込んできた形です。
Aブロックは駒大岩見沢が来るでしょう。B、Cは分かりません。
北見支部は、明らかに強いのが遠軽。
十勝支部が、けっこう読みにくいですね。去年だったら白樺学園がずば抜けていて、実際甲子園に行きましたが、中川、大竹口、中村などの主力が抜けた後は、ちょっとイマイチ。去年の甲子園で、試合直前に怪我をしてしまった森捕手がキャプテンになっているはずですが……打力はあるようですが、投手力不足なのか守備がもう一つなのか、取った分だけ失点も多い模様。
帯広工と帯広三条が有力でしょうか。
そして毎年本命の旭川支部ですが。
旭川大高、旭川南、旭川実、旭川龍谷、の順番で有力かな、と思っています。
旭川南はセンバツにも出場し、初戦敗退だったけど締まった投手戦を演じました。左の浅沼投手を擁していて、強いのは確かでしょう。機動力も高いレベルにありそうです。
ただ、打力がやや不安に思えます。甲子園で打てなかったのは仕方ないとしても、北海道レベルでもあまり打てているとは言えないです。浅沼投手がいますから、少ないチャンスを活かす野球でいいとは思うのですが、投手優位の春とは違って打撃優位の夏は、やや降りかと思って、旭川大高より一つ下に序列、ということにしてみました。
旭川大高は、得点能力が高そうなので、夏は有利かなと。春季大会においても旭川支部で優勝していますし、全道でも東海大四に勝って一勝しています。
三番手には、ノーシードになるでしょうけど、北山投手が復調して、北海や北海道栄と練習試合でいい試合をしていた旭川実でしょうか。旭実が旭川支部のジョーカーです。どこのブロックに入るかで、結果が大きく左右されそうです。
旭実が同じブロックに来なければ、旭川龍谷が支部を勝ち上がって行きそうです。まとまりと勝負強さがありそうです。

北北海道代表として甲子園に行けそうなのは、上記で名前を挙げたチームのどこかかな、と勝手に思っています。もちろん、名前を挙げなかったチームにも、私のヘボ予想を覆すような活躍を見せてもらいたいのですが。

本命は、遠軽かなー。個人的に、三度目の正直で甲子園に行ってほしいというのもあるのですが。
遠軽は毎年、林監督の意向で打撃のチームを作ってきます。だから、秋季や春季では、北見支部では勝てるけど、全道レベルではイマイチ勝てていません。その時点では、投手力の方が優位ですから。
ただ、夏に、去年、一昨年と同レベルくらいの打撃力のチームを作ったとしたら、今年の遠軽は行けるのではないかと。エース西村投手がいますからね。
西村投手は去年もエースとして活躍しました。今年は三年生として、やってくれるんじゃないですかね。春季大会も、駒大岩見沢に負けはしましたけど、いいピッチングはしています。打撃陣が奮起して、相手投手を打ち崩す力をつければいいのです。
というわけで、投手力と強力打線の噛み合った遠軽が本命、と私は考えます。

遠軽に続くのはどこか、と考えますと……今年から参入の駒大岩見沢が来そうかな、と。ここも、ヒグマ打線と言われて、打力は伝統的にあるのですが、去年、今年あたりは投手力もいいみたいですし。長年南北海道でもまれてきたチームですから、北北海道で簡単に負けるわけにはいきません。

やはりどうしても外して考えられないのが、地元旭川勢です。旭川勢については、支部の組み合わせすらまだ決まっていませんし、どこが出てくるかも、混沌とした状況で分からないのですが、勢いに乗れば旭川実業が来そうかな、と思っています。北山投手の復調と、組み合わせ次第ですけどね。勢いに乗れなかったりクジ運に見放されたりしたら、案外下の方でコロッと負けるかもしれませんが……恐らく旭川勢では旭川南が本命視される中で、ダークホースとしてしぶとく勝ち上がってほしいです。

とまあ、かなり大胆な予想です。が、上で名前を挙げたチームなら、充分に甲子園を狙えると思いますし、まだ支部予選すら始まっていないのですから、どこにもチャンスはあるはず。熱闘を期待したいです。
チャンスがあれば、今年もまたスタルヒン球場へ観に行きたいです。


南北海道も組み合わせ決まっていますが、室蘭支部あたりは凄いことになっていますね。
室蘭支部Aブロックは初戦から駒大苫小牧×鵡川とかありますし。Aブロック内には室蘭大谷もいますし。
Cブロックは第二シードの虻田と特待生問題の煽りを受けてノーシードの北海道栄が初戦で激突ですし。虻田はねー、2000年だったでしょうか、有珠山が噴火した時に学校が閉鎖になったりして、苦労していましたからね。そのチームが北海道内で最もレベルの高い室蘭支部で、シード権を取るまでになったというのはすごいですよ。特待生問題の間隙を縫ったという側面はもちろんあるのでしょうが。今年の夏に南北海道で優勝するというのは、かなり難しいかもしれないけど、できるだけ、一つでも上に勝ち進んでほしいですね。次の秋季大会につながれば、21世紀枠という可能性も出てくるでしょうし。気の早い話でスマン。
今年から南空知が北北海道へ行きましたから、北が駒大岩見沢、南が駒大苫小牧、という兄弟校出場、というのも、一度でイイから見てみたいです。

最後に、駒大苫小牧といえば、楽天の田中将大投手がプロ入り初完封勝利だそうで、おめでとうございます。
しかもMAX151キロも出たらしい。
今後もこの調子で頑張ってほしいです。


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/651-db672ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。