ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

クールビズ。クールな王子がうけるのはいいですけど。ネクタイもよろしく

クールビズという運動、また今年もやるのでしょうか。
というか、こういうのって普通に定着しなければ全く意味無いですけどね。
クールといえば、ハニカミ王子ですとかハンカチ王子ですとか、なんとか王子というのが流行っているようです。なんでも王子をつければいいというものでもないと思いますが、とにかく、やはり単純にルックスのいい人は人気があるかなと。
クールビズがキーワードのようです。

でも私は、ネクタイもけっこう好きなんですよね。たしかに、首はきつくて大変ですし、締めるのも面倒ですし。
でも、そんなに収納場所がかさばらずにあれこれ集めることができるので、着回しの中心ではありますね。スーツは、そんなに何着も用意できませんし。
クールビズを導入した年は、ネクタイ業界が悲鳴をあげたようです。
子供の持つ疑問で、「どうしてネクタイするの?」というのがあるようです。確かに言われてみれば、なぜするのか分かりません。そういうものだと思っていましたから。でもクールビズが浸透して、ネクタイ無しというのも定着して、なぜネクタイをするのか、改めて疑問ではあります。
でもやっぱり、ネクタイなんですよね。
スーツというのは、フォーマルな場に行く時のオシャレ着という意味ももちろんありますが、大抵の場合は仕事に行く時ですよね。ある意味作業服です。オシャレというよりは、動きやすさとか軽さなんかを重要視したくなるものです。あとは数が必要だから、一点豪華主義で高いのよりは、多少安くてもいいかな、なんて。
小物だって、仕事でスーツを着る時は実用性が優先です。王子のアイテムハンカチだってそう。ベルト、ネクタイピン、ワイシャツ、革靴、靴下。
そういう意味では、ネクタイというのは、実用性ではなく、純粋にオシャレで選べるのがいいのではないか、と思うわけです。


ワンランクおしゃれにクールビズ クレリックシャツ3枚セット。ジャスミン



ネクタイ。匠cleaning



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/647-932e99de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。