ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

経済大国の幻想。感覚の問題とはいえ、それでいいのかな?

先日、ネット上をぶらぶらのぞいていて、現代日本における生活感覚のニュースがありました。
それによると、半数以上の家庭が、生活が苦しいと感じているとか。
まあもちろん、この調査自体、「感覚」についてのことですから、まったくぴったり割り切れる正確な数字など出ることはありえないのですが。
それにしても、半分が苦しいというのは、多いような。
昔は、大部分の家庭が「中流階級」意識を持っているのではなかったでしたっけ?
中流階級なら、良くはないけど、そんなに悪くもないだろう、という考えだったはず。
そこそこ余裕があってのことだと思うのです。
それが今は半分が苦しい、と。
ワーキングプアってやつでしょうか。
そりゃもちろん、アフリカあたりの、戦争や飢えで困窮している国の苦しさとは質が違うでしょうし、地球上全体で見れば、それでも恵まれている部類なのは事実でしょう。
でも豊かな国ならば、支出も多いわけですしね。
経済大国だといってエラい人は喜んでいるようですが、これって意味あるのですかね。富はごく一部だけに集中して、その部分だけを見て経済大国?
苦しいと感じる家庭がゼロになることはもちろんあり得ないにしても、この数字が少なくなるような経済政策が行われればいいですね。


くまのプーさんキルティングキーケース



くまのプーさんキルティング財布



金蒔絵シール【ディズニー/くまのプーさん】携帯電話デコレーションに人気♪かわいい携帯シール



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/608-96d5c59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。