ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

ついに完結。マテリアルゴースト5。

もう今まで散々激賞していて、勢い余って二次小説まで書いてしまったマテリアルゴーストシリーズですが、この第5巻でシリーズ終了です。
もっと続いてほしかったなぁ……
常々、長く続き過ぎてマンネリになるよりは、そこそこで終わらせるのが良い、とは言っていますが、このシリーズはもうちょっと続けても良かったですね。というか、第5巻の内容が、省略された部分が多いのです。その省略された部分だけでも、外伝として出してほしいです。そうでなければ、第5巻自体がやや消化不良気味ですので。
省略が多かったことも含めて、ラストシーンがやや納得しかねる微妙さでした。
内容自体は、マテゴらしい、ものでした。日常シーンも、最後の決戦シーンも、マテゴらしい戦い方でした。
いずれにせよ、シリーズとして、今まで読んだラノベの中でも私的ベストとして位置づけされます。細かな欠点はいくらでもあるのですが、それらをうっちゃってしまう魅力がありました。


『マテリアルゴースト 5 』葵せきな
富士見ファンタジア文庫。


以下、激しくネタバレを含む感想を叫びます。未読の方は閲覧を控えてください。




以下、『マテリアルゴースト5』のネタバレを含みます。未読の方は閲覧しないでください。



最終巻ということで、主人公とメインストーリーだけでなく、サブキャラについても、きちんとした決着が求められるところです。
特にマテゴシリーズのようなハーレムものは、魅力的なヒロインが多数出てくるのはいいのですが、最後は大多数のヒロインが振られてしまうという結末は避けられない部分でもあります。そのへんを、どう、読後感を損なわずに書けるか……難しいとは思います。
そういう意味では同じ富士見ファンタジア文庫の『ムーンスペル』シリーズは良かったですね。全てのヒロインにきちんと納得のできる決着を用意しました。
で、マテゴ5では、その部分にやや不満は残りました。魅力的だったヒロインたちへのレクイエムという意味もこめて、ヒロインたちへのこの場でファンとして愛を叫んでみます。
書く順番は、5巻読み終わっての、私の好きなヒロイン順、ということになります。

真儀瑠紗鳥先輩:幽霊が見えないということで、今までは大した活躍をしなかったのですが、この巻では語り手の一人として目立ちました。そして遂にラストでは、ユウの姿を見ましたし。真儀瑠先輩が美少女と賞賛するんだから、よっぽどなんだなぁ。
巻頭カラーイラストも含めて、入浴シーンがあったのがおいしかったです。
本巻の途中で振られて、さらにはエピローグも振られた状態。かなりひどい扱いです。でも最後の、教師になりたいと夢を語るシーンは格好良かったです。さすが先輩。
途中で先輩の心理も語られていますし、ラストシーンでも先輩の今と今後の方向性が語られているので、良かったとは思います。ただ、0巻での出会いシーンから、1巻に至るまでの蛍との関係がかなり省略した形で語られているのが惜しかったです。

神無深螺さん:エピローグではほとんど深螺さんについては触れられていませんが、今まで通り悪霊退治などやっているであろうことは想像に難くないです。それが彼女らしいですしね。
この人の場合は、0巻のエピソードではっちゃけていましたからね。その時のキスをカウントするなら全てのヒロインの中で一番最初に蛍とキスをした、ということになるのではないでしょうか?たぶん。
その流れをくんでか、5巻でもひそかにはっちゃけていました。蛍が女の体をイメージしにくいと言ったら、自分を参考にしろと服を脱ぎ出すし。止めるなよ、蛍。んでもって裸の付き合いが必要だとか言って蛍と一緒に入浴ですし。てか水着着用させるなよ、蛍。
でも、深螺さん、どんな水着を着たんでしょうか?まさかスクール水着?でも深螺さんが水着なんか持っているとは思えませんし、学生時代のスク水という可能性も高いかも……
そしてさらには、蛍による彼女の呼称が、「深螺」と呼び捨てに昇格。
蛍がどう呼ぼうと、読者からすれば、「先輩」だし「深螺さん」なんですけどね。

神無鈴音:本来なら、先輩、鈴音、深螺さんの順番だったはずですが、深螺さんが上がったというよりは鈴音が順位を落としました。
鈴音も、先輩と同じで、途中で完全に振られます。ただねー、ツンデレがデレになった、という表現があった通り、デレになったらあまり面白くはないですね。
鈴音のいいシーンというのが、途中ほとんど無かったです。蛍と冗談を交わすシーンで、鈴音の胸の大きさについて言及がありました。どっちかというとあまり大きくはないようですが。でも貧乳で魅せる、までは行かなかったかな。
そして納得がいかなかったのが、エピローグです。本編の一年後から、蛍と鈴音が付き合うようになる……そりゃ、蛍と鈴音もいいカップリングなのでくっついてほしいという思いは常々あったのですが……いざ実現しても、シーン自体も短かったし、物足りなかったですね。「ラブラブ同居」というのは書かれていたけど、どのようにラブラブだったのか。
……そういえば鈴音とはキスシーンも無かったですよね。深螺さん、ユウ、耀、先輩とはキスがあったのに……
その後二年も同居しているのですから、キスや、一緒に入浴や、その他なんてのがあってもいいようにも思うのですが……年齢的にももうオトナですから。そりゃあからさまに描かれても困りますが。
そういった部分でも、ちょっと消化不良。やはり鈴音はツンデレでいる頃が一番可愛かったかも。

ユウ:メインヒロイン。5巻の表紙イラストではウエディングドレスでお姫様だっこです。
まあ最初から幽霊ですから、本当に蛍と結婚して子供を産んで、というラストはあり得ないですね。だから、神オチみたいな形はやむを得ないでしょうか。
メインヒロインとして蛍に選ばれた、だけで充分と考えるべきでしょうか。
ユウは、1巻で冷凍イクラなどで蛍とかけあいをしていた頃が一番可愛かった、と思うのは私だけでしょうか?

日向耀:1巻でほんのちょっとほのめかされて、4巻だけ登場し、5巻ではたまーにちょっと名前が出てきただけで、本人の登場は無し。
4巻の内容といい、まさに悲劇のヒロインです。
逆にそこがインパクトありました。
蛍を殺して、成仏したらしいので、あの世で幸せになってほしいです。
スポーティなファッションというのも、本人が先天的に心臓が悪く、運動などできないから、スポーティなのに憧れがあったということなのでしょうね。
出番は少なかったけど、蛍とのキスシーンもありましたし。耀のエンディングに関しては文句の言い様はありません。

篠倉綾:途中でもあまり語られなかったし、エンディングでもほとんど語られていません。アヤはどうなって、どこへ行くのでしょうか。レモン飴好きは変わらないようですが。
でもアヤはこのメンバーの中では常識的な美少女なので、ステキな彼氏を作って幸せになってほしいです。

式見傘:蛍とは兄妹ですから、そりゃくっつくというエンディングは無いにしても、途中の心理もあまり語られず、エピローグでその後も語られず。そもそも、傘が帰宅部に参加している時って、幽体離脱ですからね。本体は北海道の地元にいるわけです。事件の怪我での影響で入院という事情があるにせよ、本体でしっかり生きてほしいです。
メインヒロインがユウ、サブヒロインが鈴音と先輩、欄外が深螺さんと耀とすると、アヤと傘はサブヒロインの更に一個下、という感じで、扱いもちょっとぞんざいで惜しかったです。本編で出番が少ないのは仕方ないとして、この二人こそ外伝あたりで活躍させるエピソードがほしいです。せっかくヒロインの一人として数えられていて、帰宅部メンバーでもあるのですから。

星川陽慈:帰宅部メンバーといえば、この人も忘れられません。途中では随所でいいところも見せたのですが……
ケイコさんとの最後は、ちょっと納得いかない部分の方が6割でしょうか。それでも、エピローグでは新しい彼女ができて、順調に付き合っているようです。てか、その彼女はちゃんとした女性なんですよね?

カズミ、ショーコ、春沢さん:ナオミも含めていいでしょうか。この人たちはヒロインではないですし、帰宅部でもないのですが……存在感はありました。
最終巻では名前すらちらりとも出て来ません。繭がテレビで映し出されているシーンは、カズミとショーコがテレビを観て感想を言う、という場面があってもよかったと思いますし、蛍の死後、鈴音が倒れて病院に担ぎ込まれた時には春沢さんの世話になったということにしても良かったのではないでしょうか。所詮端役ではあるのですが、単なる使い捨てキャラとするにはもったいなさすぎです。

サリー:この巻から登場したヒロイン。なんだかんだで帰宅部に入る、入らされることになりました。蛍と入浴したり一緒に寝たりなんてシーンがあった、ということで。
さすがに、ここからの登場では、インパクトは得にくかったですね。

アリス:最後の最後で男←→女型叙述トリックか……という感じもしますが、なんだかんだでツンデレで、帰宅部に入って、入部させられて。深螺さんと一緒に悪霊退治なんかをやっているということで、ラストシーンに関しては文句は無いでしょう。

名残惜しいですが、シリーズは完結。できれば外伝くらいは出てほしいですが。
いずれにせよ、次回作に期待したいです。舞台が北海道になるという噂もありますので、そういう面でも期待しています。
【人気ブログランキング】マテゴとは違う、でもマテゴのように面白い作品に期待。


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/601-e231a5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マテリアルゴースト 5

マテリアルゴースト 5著者 葵せきなイラスト てぃんくるレーベル 富士見ファンタジア文庫 感動はあるけど・・・・・・ 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとう

  • 2007/06/22(金) 19:07:11 |
  • ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。