ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

バリアフリー、本当にフリーでしょうか

本日、某コンビニに行って気付いたことなのですが。
そのコンビニには、「車椅子でご来店の方はこちらのボタンを押してください」という押しボタンがついていました。もちろん、扉が自動ドアではないコンビニです。つまりボタンを押されたら、店員が扉を開けてくれる、ということでしょう。
まあ、使う人がどれくらいいるかは分かりませんが、そういうのがあるのは悪くないことだとは思います。
でも、ですよ。
そのボタンは「風除室の中に」ついているんです。
つまり、来店した車椅子の人は、まず風除室に入ってからボタンを押さなければなりません。
風除室に入るには、どうするのか。
自動ドアではありません。
押すか引くかして開ける普通の扉と、引き戸がありました。どちらもがっしりしていて、健常者にとってもちょっと重いです。子供ならかなり重く感じるかもしれないくらいです。また、引き戸の所にはレールがあって、当然段差になっています。
風除室の外側には押しボタンはついていません。
果たしてこれって、意味あるのでしょうか。
ボタンをつけるなら、風除室の外でなければ意味無いでしょう。
これだったら、ボタンなんか付けない方が、余分な経費がかからなくていいのでは。

うーん。結局、バリアフリーとか言って、色々進められてはいるようですが、ただ外見を取り繕うだけのものが多い、という実例の一端ではないでしょうか。
今回見たのは民間企業ですけど、たとえば税金を使ってバリアフリーを推し進めて、何の役にも立っていない、なんてことはないのでしょうか。
もちろん、バリアフリーをやめろ、と言っているわけではありません。
単に外見を調えるだけで、現実に障害者や高齢者の視点に立っていないバリアフリーは意味が無いのでは、ということです。
まずは相手の視点に立ってみること。それが大事、なのでしょうか?


網代編み脚つきラタン玄関踏み台【送料無料】


【人気ブログランキング】無駄な経費は節減しましょう。

メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:バリアフリー - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/564-01787fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。