ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

庶民の味方、海苔弁当は海の恵み

私が先日某コンビニで買って食べた「のり弁当」には、以下のものが入っていました。
ゆで卵。
ワカメと人参の煮付け。
鶏唐揚げ。
焼きハム。
ちくわ天ぷら。
ジンギスカン(羊肉、ゴボウ、シラタキ、玉葱)。
白身魚フライ。
焼きそば。
ご飯の上におかか、その上に板海苔。

えーと、「海苔」弁当、というには、色々入っていてバラエティに富んでいます。これで値段は500円までは行かなかったはずです。基本的に大きさが、他の弁当よりちょっと小さめということもあるのでしょうが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%8B%94%E5%BC%81%E5%BD%93
ウィキペディアで調べてみると、のり弁の基本形は、ごはんの上に海苔を載せた物。だそうです。……名前の通りで当たり前ですね。
起源は安土桃山時代までさかのぼるとか。
1960年代になって、ほっかほっか亭が創業メニューとして、のり弁に白身魚のフライとちくわの天ぷらを載せました。
今ののり弁の基本形って、ごはんの上におかかをまぶして海苔、白身魚フライとちくわ天ぷらまでが必ずといっていいほど入っていますよね。別のコンビニで買っても、スーパーの惣菜コーナーで買っても、お弁当屋さんで買っても、ここまでが今の基本形。
米以外は日本近海でとれる海産物なので庶民的で安価だそうで。言われてみればそうですね。
やはり日本は周囲を海に囲まれた島国だけあって、海の恵みが大事のようです。
色々はいっていて、海苔が主役のようには思えないのり弁ですが、やっぱり歴史をひもといてみると、海苔が主役だったようです。



【人気ブログランキング】やっぱり海苔が主役ののり弁

メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/560-1633a33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。