ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

メディアの相違を甘く見るべきではありませんね

昨日のショックから未だ立ち直れませんけど。くじ引きだからしょうがないですよね。
彼にとって、北海道は通過点になってしまった……

さて。本日はさりげに安倍晋三新内閣が発足だそうで。ネット上では、結構評価は厳しいみたいですが。
自民党総裁選挙の時。安倍氏が圧倒的な大差で勝つという下馬評でした。そして実際にその通りになりました。
でもその時、ネット上では麻生氏の方が支持されていたようです。
この、世論と、ネット世論の乖離。
同じ事象を計っても、物差しが違うと言うべきか、こうもかけ離れた結果が出るのは、不思議でもあり、納得する部分もあります。
政治の話は難しいですが、ちょっとズレるかもしれないけどフィクション作品のメディアミックスのコンプレックスもまた、問題の根っこは同じなのかもしれません。
小説であったり、コミックであったり、アニメであったり実写映画であったりラジオドラマであったり。大抵はメディアが違うと、それに合わせる都合でストーリーの内容や設定などが変更されることもままありますが、それが仮に無かったとしても、やはりメディアが違うと受け取る側もとまどいがあります。
私はやはり、小説が基本です。小説が好きな人間ですので。映画なんかほとんど見ませんし。人によって、そのメディアを利用するかしないか、の差も大きいでしょう。ネットを使えない環境の人、というのも当然いるでしょうし。
でも、その作品において「原作」の形式は何なのか。そして、受け取る側が最初に何を見るか、で対応も変わってきそうです。
例えば、原作小説を最初に読んで、その小説のファンだったりすると、アニメ化された時の些細な変更点や、声優の人材選定の問題でイメージが違っていたりして、許せなかったりします。メディアミックス成功のためには、原作の雰囲気を壊さず、それでいて移植する先のメディアに合った内容へシフトしなければならない、ということですね。

いや、安倍氏の支持について、一般世論とネット世論の乖離から、何が言いたいのかというと……
メディアの違いの差は大きい。ということ。
例えば同じフィクション作品でも、例えば小説版とアニメ版と実写映画版は、同じ作品と考えてはいけないのかもしれません。
だから、作品を創る時は、そのメディアに合った作品を創るべきでしょう。
だからラノベなんかで、アニメ的な小説、というのはやはりダメなのです。
最低限やはり、小説的な小説、でなければ、それは小説としては評価できないものなのでしょう。

【人気ブログランキング】将来北海道に帰ってきてほしい……


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/506-755fae03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。