ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

やっぱりご利用は計画的に。駒大苫小牧の逆転劇はどんでん返しのミステリー小説をも凌駕する

暑い日こそ熱い食べ物、ということでラーメンでも食べに行きたかったけど、夏の甲子園が熱い本日ブログに記事を書かなかったらいつ書くんだ!?ということで、カップラーメンにしておきました。担々麺です。

駒大苫小牧5-4東洋大姫路
左投手二人を擁する東洋大姫路に対して、駒苫打線は苦労するだろうな、と予想していました。また、田中投手は万全とはいえないので4,5点は取られるだろう、と予想していました。
残念ながら、と言うべきでしょうか。悪い予想はきっちり当たってしまいました。
試合内容の詳細については「駒苫を斬る!」http://www.mypress.jp/v2_writers/orz0/をご覧下さい。
http://www.mypress.jp/v2_writers/orz0/story/?story_id=1473498

この試合、私はテレビ観戦しようと思っていたのですが……思わぬ誤算が……電波が悪くてテレビが映らない!
これだから北海道土井中郡土井中村区画外地は……
結局、ラジオで聴きました。

先発田中投手がホームランを打たれるなどしてあっさりと4点先制されて。
駒苫打線はやはり左を苦にし、先発した背番号11番飛石投手相手に三者凡退を繰り返して。
でも、先の青森山田戦の勢いがありますから。「苦しいな」とは思ったけど、「負ける」とは私は思いませんでした。当然、選手たちもそうだったのではないでしょうか。
6回に集中打を浴びせて同点。
7回には代わったエース乾投手から決勝点を奪いました。決勝打を放ったのは今日も三谷選手でした。

奇跡の第二幕。4点差をひっくり返しての逆転勝利に大感動、大感激です。
相手が強豪校だから仕方ないというか当然ではありますが、苦しい試合でした。
田中投手は不調。打線は相手の左腕二枚看板に翻弄される。守備でもエラーが出たり、走塁でも牽制アウトがあったりと、決して駒苫ペースの試合でなかったのは確かです。
でも、それぞれの小さなミスを、みんなの力を合わせてカバーして補う。そういうチームプレーができたからこそ、ギリギリの勝負の中で1点差の勝利をもぎ取ることができたのだと思います。

対戦相手、東洋大姫路について。
一気に大量点を取る、というよりも、1点ずつ積み重ねる、というしぶとい闘い方でしたから、派手さはありませんでした。でも、間違いなく強い戦い方でした。
桐生第一戦が特に象徴的でした。全部1点ずつを重ねての5得点。
今日の駒大苫小牧戦も、先頭打者が出て、次の打者が確実に送る、というオーソドックスだけど有効な戦い方でした。
地方大会も、甲子園での過去二戦も、守備のエラーが多かったようです。でもそれでもあまりつけ込まれず、失点を最小限に抑えていたからこそ、全国大会でベスト8にまで勝ち上がったのでしょう。打撃だけでなく守備にも粘り強さがあったようです。
しかも本日の駒苫戦では、バッテリーミスを除けば守備はノーエラーでした。駒苫攻撃陣につけ込む隙を与えませんでした。
投手でいえば、左投手が二枚。エースの乾投手。そして今日先発した飛石投手。この二人を計画的にうまく使い分けて地方大会も勝ち上がり、甲子園の過去二戦も少ない失点にとどめていました。本日の飛石投手の投球もみごとでした。駒苫打線が二巡目まで手も足も出ない状態でした。残念なのは継投の時期が遅れたことでしょうか。でもこれは、あくまでも結果論でしかありませんからね。
東洋大姫路の監督は、「飛石は二巡目まで抑えてくれれば」と当初考えておられたようです。初志貫徹して二巡目で交替していれば、駒苫は負けていたかもしれません。
やっぱり、投手のご利用は計画的に。……それを言ったら駒苫も決して計画的とは言えなさそうではありますけどね。
東洋大姫路、前評判は決して高くはなかったかもしれませんが、ベスト8に相応しい好チームだったと思います。駒苫との試合は、一番面白いと言われる準々決勝らしい締まった好ゲームとなりました。

二試合連続で駒大苫小牧らしい、熱い逆転劇で1点差勝利。公式戦47連勝で、夏の甲子園三年連続ベスト4進出。
準決勝では、智弁和歌山との対戦となりました。
言わずと知れた強力打線チームです。でも、相手の投手陣も疲れているのか、今日の帝京戦ではかなり打ち込まれていました。
駒苫田中投手も万全には程遠いようですし、打撃戦が予想されます。
相手は智弁和歌山ですから、打たれてもいいです。打たれても仕方ない。
それ以上に打って、打って、一昨年の決勝戦(駒大苫小牧13-10済美)のように、相手に「もう打つなよ~」と言わせるくらいに打撃で凌駕して決勝戦に進んでほしいです。
ピッチャーも総力戦ですね。場合によっては田中投手以外の投手を出してもいいと思います。少しくらい打たれてもいいです。打線がそれ以上に打ってカバーすればいいのです。

智弁和歌山13-12帝京
強豪校同士の激突。凄まじいホームランの応酬となりました。両チーム、幾人もの投手を送り出し、まさに総力戦でした。
帝京が4点ビハインドで迎えた9回表に、なんと8点を奪って大逆転。
しかしその時に、投手に代打を送ったのが後々響くこととなります。
9回ウラ、1年生も含めて3人いた正式の投手を全て使い果たしてしまった帝京は、野手をマウンドに上げます。だが、急造ピッチャーにとっては智弁和歌山強力打線は荷が重かったようで。ストライクが入らず、何人もの急造ピッチャーが交替で登板し、最後は満塁の場面で押し出し四球で5点目を与え、逆転サヨナラ。
帝京は、投手が尽きたのが全て。
やっぱり、投手のご利用は計画的に。
計画どうこう言っていられないほどのギリギリの激闘だった、ということですね。それは、9回に大量失点でエースがKOされた智弁和歌山にも同じことが言えるのでしょうが。
9回表裏の展開は、正直な話かなり大味ではありましたが、すさまじいインパクトだったのは確かです。
私の周囲でも、駒苫三年連続ベスト4進出以上に、智弁和歌山vs帝京の試合の凄まじい展開こそが話題となってもちきりでした。

最終回の5点は、相手の投手力不足によるものだから除外するとしても、8回までに帝京3人の正式投手から8点を取った智弁和歌山打線はやっぱり凄い破壊力です。
今までは、監督が自称するチーム史上最強打線という看板に懐疑的だったのですが、やっぱりウソではなかったですね。
投手陣に不安がありまくる駒大苫小牧にとっては脅威の打線です。
大会前に優勝候補として呼び声が高かったチームが相次いで早期敗退して行く中で、前評判を裏切らずに4強にまで残った駒大苫小牧と智弁和歌山。いつかは避けられない対決が遂に実現します。
去年も準決勝は近畿勢の優勝候補、大阪桐蔭でした。延長戦にもつれ込むハードな試合でしたが、最後は総力を振り絞って勝ちました。
今年も全員の力を合わせて、強大な相手を寄り切ってほしいです。

【人気ブログランキング】本日は二試合とも4点差逆転勝利


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

おはようございます。

帝京負けてしまいました・・・
最後は投手が力尽きました・・・
勝てるチャンスも十分にあったんですけどねぇ。。。

しかしすごい試合でしたね。
まさに歴史的な!
選手はよくやってくれました。

  • 2006/08/18(金) 05:02:03 |
  • http://blog.livedoor.jp/duskin/ |
  • 「感動創造」 #-
  • [ 編集 ]

「感動創造」 さま

いらっしゃいませ。
いやぁ、帝京の試合には驚いてしまいました。
投手の枚数が尽きてしまったのは惜しまれますが、如水館戦といい智弁和歌山戦といい、打線の集中力は凄まじく、印象に残りました。

  • 2006/08/18(金) 05:43:28 |
  • |
  • 賢木 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/487-02dd2280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これぞ駒苫劇場!土壇場で発揮する集中力で甲子園はコマトマの独壇場!三年連続ベスト4入り!

準々決勝の対戦相手は地元の地元、兵庫県代表\の東洋大姫路。夏の甲子園で優勝経験もある常連強豪校。歴史と伝統のある名門校ですので、厳しい相手と当たることになったものです。駒大苫小牧の先発はエース田中将大投手。一方東洋大姫路は背番号11の左腕飛石投手だそうで

  • 2006/08/17(木) 21:43:09 |
  • 駒苫を斬る!期間限定blog

第88回全国高校野球選手権大会-12日目(準々決勝)

第88回全国高校野球選手権大会12日目(準々決勝)の結果。第1試合:駒大苫小牧(南北海道) 5-4 東洋大姫路(兵庫)第2試合:智弁和歌山(和歌山) 13-12 帝京(東東京)第1試合は夏の全国3連覇を目指す駒大苫小牧がまた大苦戦ながらも、逆転勝利を収めた。....

  • 2006/08/17(木) 22:15:26 |
  • BOA SORTE

駒大苫小牧、東洋大姫路に勝つ

駒苫、V3へあと「2」 夏の甲子園、逆転で4強 (共同通信) - goo ニュース全国高校野球選手権大会で73年ぶり史上2校目の夏3連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で東洋大姫路(兵庫)との準々決勝で5-4と逆転勝ち、1931-3

  • 2006/08/17(木) 22:32:38 |
  • あれこれ随想記 

第88回全国高校野球・第12日(準々決勝)の結果

▽準々決勝駒大苫小牧(南北海道) 5-4 東洋大姫路(兵庫)駒大が今日も4点差を逆転。田中は尻上がりに調子を上げ11奪三振智弁和歌山(和歌山) 13x-12 帝京(東東京)帝京が9回8点を取って4点差から智弁がサヨナラ。最多HR記録樹立※ 今日の第1試合後に準決....

  • 2006/08/17(木) 23:04:03 |
  • THP blog×2006夏の甲子園特集

甲子園、本塁打多発の謎

こんなうわさを耳にした。今大会の使用球はM社製。他社に比べて5メートルは飛ぶと言われるため、最近は大学やプロでも使用していないという。ところが、高校では来年から飛ばない新球の使用が決まっているため、在庫処分的に大量に使用しているのだという。これはあくまで

  • 2006/08/17(木) 23:14:55 |
  • 週刊誌中吊り情報

駒大苫小牧 逆転でベスト4進出!!

【前回の青森山田戦】は、本当に大逆転でした。その勢いを持って臨んだ準々決勝。果たしてどうなりますやら?東洋大姫路:2 0 0 2 0 0 0 0 0 4駒大苫小牧:0 0 0 0 0 4 1 0 X 5◆登板投手東洋大姫路:飛石-乾   本塁打 / (東)   駒大苫小牧:田中 ◆本塁打東洋大姫路:

  • 2006/08/18(金) 01:12:09 |
  • つらつら日暮らし

夏の甲子園、三連覇ねらう駒大苫小牧が四強

◇逆転の駒苫、鮮やか 4 強!  東洋大姫路は 4 点守れず - サンケイスポー...

  • 2006/08/18(金) 01:30:17 |
  • ブログ生活 - つれづれなるままに -

競り勝った駒大苫小牧&智弁和歌山!競り負けた東洋大姫路&帝京・・・

負けたあぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・

  • 2006/08/18(金) 04:30:18 |
  • 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!

■[08/17]逆転逆転、また逆転!

夏の甲子園、12日目、準々決勝前半の2試合が行われ、駒苫、智弁和歌山が勝ち、準決勝に駒を進めた。明日は準々決勝の残りの2試合が行われ、ベスト4が決まる。両試合とも凄まじい逆転の繰り返しで、先のまったく見えない展開。第1試合は東洋大姫路が先制し、さらに追加

  • 2006/08/18(金) 08:59:22 |
  • コレバナ~裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト

駒大苫小牧野球部、次の試合も撃破でしょう!

はじめまして、駒大苫小牧野球部に関する記事を更新しました。ご興味がありましたら、ぜひご訪問ください。m(__)m 尚、トラックバックは大歓迎です!

  • 2006/08/18(金) 14:51:10 |
  • 駒大苫小牧野球部

キーワードは『4点差』

準々決勝第1試合 駒大苫小牧VS東洋大姫路。 駒苫が3回戦に続いて逆転で勝利を収めベスト4一番乗りを決めた。 それにしても駒苫は、5回まで1安打と完璧に押さえられていた。しかし、6回に相手投手を捕らえてヒットを重ね、4点取って一気に同点とした。さらに7回に

  • 2006/08/18(金) 17:23:59 |
  • 勝手な言い分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。