ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

過度な期待は自分を裏切るだけなのでやめた方が精神衛生上無難でしょう。

数週間前の週刊マンガ雑誌で、「期待ハズレ」ネタをやっていました。
今年に入って最大の期待外れは、サッカー日本代表の一次リーグ敗退でしょうね。
他にも色々ネタが書かれていました。二千円札とか、ジャイアンツ愛とか、ホリエモン、村上ファンド……
そして私が思わず頷いてしまったのが「本能寺の場所」です。
そうなんです。あの織田信長が天下統一を目前にして明智光秀によって夢が断たれた本能寺の変の舞台です。
過日、京都に旅行に行った時、街を迷い歩いている際、ふとした拍子に本能寺の前に来て、そこに「本能寺」と書いてあるものですから、「えっ!?」と驚愕してしまったものです。
ぶっちゃけて言ってしまえば、京都市のド真ん中にあります。
清水寺とか金閣寺とか、古寺名刹といえるところは大抵は郊外にあります。まぁ、西本願寺や東本願寺は京都駅の少し北、わりと街の中心部ですが……それでも敷地がそれなりに大きく、建物も周囲の建物よりは随分大きいので、それなりに存在感があります。
そう、この周囲の建物との大きさ関係というのが重要です。
本能寺の話に戻りますが、商店街の一番端っこにあります。大きい道路を挟んで向かいは京都市役所です。
一見するに狭そうな敷地。そして、門の外からちらっと見ただけですが、いかにも小さそうな建物。それを見ただけでなんか幻滅してしまい、「せっかくだから見て行こうかな?」という気持ちは失せました。
いや、別に本能寺の営業妨害をしたいわけではないのです。ただ、そこを訪れる観光客の方には、最初から過度の期待を抱かないでほしいのです。羊頭狗肉感を抱いてしまいますから。よっぽどのコアな織田信長ファンにとってみれば、本能寺がいかにショボかろうが、最悪の場合「本能寺跡地」という一本の石碑しか存在しなかったとしても、その場所は大いに価値があるものでしょうし。

期待外れネタといえば、そのマンガには書かれていなかったようですが、これを避けては通れないでしょう。
札幌時計台。
これは絶対に過度の期待をしていたら裏切られます。これから北海道、札幌観光で時計台訪問を敢行しようとしている方はご注意ください。
とにかく小さい。周囲のビルの狭間で小さく纏まっている感じ。そして周囲が普通に近代都市のビルであり、自然の情景ではない。情緒もへったくれもありません。

【人気ブログランキング】本能寺+札幌時計台の期待外れに同感していただけるならクリック願います

木製仏具本能寺型灯篭3尺タモ材(1個)
木製仏具本能寺型灯篭3尺タモ材


ペーパークラフトミニ札幌時計台
ペーパークラフトミニ札幌時計台
実物よりも最初からのミニチュアのこちらの方が情緒たっぷりかも。


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:旅情報を集めよう - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/470-5d7b642a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。