ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

続総括。戦略と戦術。サッカー日本代表に赤信号。4年後はありません。

2006年FIFAワールドカップドイツ大会がイタリアの4度目の優勝で終わりました。長いようで短い祭典は、今まさに「祭の後」状態なわけで。
日本は一次リーグ敗退。惨敗。残念。日本的には「祭の後」ではなく「後の祭」でしょうけど。
ジーコ監督はコメントの中で、敗因の一つを選手の体格差と言っておられたと思います。
それは私もそう思います。体格も含めて、選手個々の実力の差で負けたのだと思います。そこまではジーコ監督の分析も正しいと思います。
でも、戦略面においても戦術面においても、体格差を補うような采配が見られなかったように思えて残念です。
選手個々の能力が世界と較べて劣るのならば、個人技で闘うのではなく組織で戦って行くという戦略になっていたはずです。でも結局選手個々の能力に依存したサッカーになってしまいました。どうしても個人の力を活かしたいのならばせめて高さのある選手だけを代表に入れるとか、何か打てる手があったように今更ながら思います。反省なんて、そんなもんですけど。
戦術でもそうです。オーストラリアに高さがあるのは始めから分かっていたはずです。ならば、サイドから攻め上がってセンタリングを上げるのではなく、ドリブルの得意な玉田選手を起用して中央からの突破を狙うとか、どうしてもサイドから攻撃したいなら豪の高さに対抗して高さのある巻選手を起用するとか。あと、オーストラリアとの試合中もずっと思っていたことですが、コーナーキックにも工夫が無かったですね。
速報の後、追記で書こうとして、疲れていて書かずじまいだったことですが。
高さで負けるなら、グラウンダーの低いボールを蹴るとか、ショートコーナーを使うとか、あるいは内に巻いて直接ゴールを狙うキックをするとか。高さ対策の戦術が何も無く、コーナーキックも普通に高いボールばかり、それも外側に逃げていくカーブのボールが多かったですね。

で、ジーコ監督はお疲れ様ということで。オシム新監督政権になるようです。
報道を見ていると、確かに新監督は旧ジーコ監督よりは、戦略的な考えが豊富なようではあります。
オシム新監督は、弱小クラブだったジェフ千葉を優勝争いできるくらいの強豪へ育て上げた実績があるということで、マスコミや一部サポーターの間では「オシムならやってくれる」という楽観論が早くも流れているようなんですけど。
そりゃー、私だってもちろん期待はしていますよ。
でも楽観論は早っ。早すぎるのでは。
そもそもマスコミやサポーターの楽観論がどれほどアテにならないかは、ドイツ大会でのサムライジャパンの一次敗退で思い知ったばかりのはず。
とりあえず、ド素人の私でさえ思いつくくらいの楽観論否定材料を。
まず、オシム新監督の年齢。野球では超スーパースターのONでさえ、年齢と病気で現在は離脱状態です。
ジェフ千葉を強くした実績を買う、ということですが、クラブチームと代表チームでは、育成の仕方も大分違うのではないかと素人の私でも思うのです。
そもそも、クラブチームを強くした実績だけなら、旧ジーコ監督にだってあったはず。Jリーグ発足当時は、10チームの中に最後に滑り込んでお荷物球団になりかねないはずだった鹿島アントラーズを、選手、指導者として牽引し、優勝争い常連チームにしたではありませんか。

考えてみれば、マスコミもサポーターも、代表チームには「結果」を求め過ぎていたような気がします。
代表Aマッチといえば、普通の親善試合の他にも、キリンカップとかコンフェデとかアジアカップとか、詳しい大会名までいちいち覚えていませんが色々あります。勿論、大会であるからには勝利という結果がある方が良いに決まっています。でもそれはあくまでも戦術面での話。
戦略的に極論すれば、ワールドカップ予選と本大会以外は、練習試合に過ぎないのです。
練習試合ではアジアを制してブラジルと引き分けてチェコにも勝って大会直前にはドイツとも引き分けるなど、それなりの結果は出しましたけど、肝心の本番、ドイツ本大会で惨敗したのでは本末転倒。
もちろん、練習試合も本番試合も両方きっちり勝てれば一番良いのですが、今の日本にそんな力は無いです。それが現実です。だとしたら、練習試合は全敗であったとしても、しっかりと課題点を洗い出し、本番で勝つのがベターだと思うのです。
目先の結果を求めすぎるという傾向はホリエモンだけではありませんでしたね。日本サッカーもそうでした。
本番であるワールドカップ予選や本大会は、試合内容よりも結果重視です。
だが、それ以外の練習試合は、結果よりも内容を重視して評価しなければならないのではないでしょうか。仮に試合には負けたとしても、良い部分があればきちんと評価して更に伸ばす努力をする。悪い部分、課題点、相手チームの良い点等があれば、謙虚に受けとめて修正して行く。
だから、オシム政権の最初のうちは、日本代表チームはむしろ世界相手に負けた方が良いかもしれません。コテンパンにやられて、世界との実力差を改めて思い知らされて、そこからどうすれば良いのか課題点を見つけて行く。練習試合なのですから、負けたという結果だけで監督や選手を批判するのではなく、内容を評価できるかどうか。
思い起こしてみれば、ジーコジャパンは中途半端に勝ち過ぎましたね。それでマスコミもサポーターも、更に言えば選手までもが、「日本は世界と戦えるくらい強い」という幻想に取り憑かれてしまいましたか。
でもねぇ……日本のマスコミも甘く見てはいけないと思うのです。
ホリエモンがお金のためなら何でもやる人ならば、マスコミは視聴率のためには何でもやるモノです。泉の中に金の斧と銀の斧と鉄の斧を全部投げ込むくらいのことはやらかしそう。今回の楽観論ハズレくらいで反省するようなタマじゃないですよね。そしてサポーターはマスコミに洗脳されやすいですし。私も今回は洗脳されていたのはお恥ずかしい限りですが。

日本代表、2010年南アフリカ大会への道のりは険しそうです。
マスコミではオシム新政権への楽観論が早くも出ていますし。私は上記の通り、オシム政権にはさほど楽観的にはなれないのですが。
日本惨敗ニュースがいつの間にか中田英寿選手の現役引退ニュースにすり替わり、ヒデを英雄に祭り上げて喜んでいて、肝心の「チーム」の惨敗についてはすっかり喉元を過ぎて熱さ忘れて反省顧慮していないし。
ドイツ大会で日本を含めたアジア勢惨敗により、アジア枠は減りそう。それでいてアジアにあのオーストラリアが加わってきます。
現在の日本には、2010年の時点で主力になれそうな、21、22歳くらいのこれといった選手がいません。
……これらのことから、私の言いたいこと、予想は以下の通りです。即ち、


日本代表は、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の本大会に出場できない。


つまり、オーストラリアなども含めたアジア予選を勝ち残ることはできないと思うのです。
当然ですが、こんな予想は大ハズレしてほしいです。
4年後の南ア大会で日本代表が上位進出し、その時に「私は4年前にこんなアホな予想をしていました~」という笑いのネタにする仕込みの意味が49%の戦略的発言です。
でも半分以上はマジですから。

まぁ、Wカップドイツ大会は終わったわけですから、日本でのサッカー熱はとりあえず当分は下火になるでしょうね。
あと、ジーコ氏はヨーロッパでクラブチームの監督になるそうで。頑張ってほしいですね。ぜひチームを強くして、日本に来て試合をやってほしいです。

【人気ブログランキング】捲土重来


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/452-a62c0de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。