ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

東京裁判inド田舎。A級戦犯川口能活被告を裁く!

念のため言っておきますが、川口能活GKには個人的恨みは何もありません。川口選手のファンには申し訳ないのですが、以下で川口選手を斬ります。
あ、あと、川口選手「一人だけ」が悪い、と言っているわけでもありませんので。FWの選手とか、ジーコ監督の采配に関しては、私がわざわざ書かなくても、批判はいくらでもあるでしょうから。

2006年FIFAワールドカップドイツ大会が佳境に入ってきたところで、サムライブルーは早々に一次敗退が決定してしまい、かなりブルーな気分かも。
だからかどうか、マスコミも世間も戦犯探しくらいしかやることがなくなっているような状況でしょうか。アホくさいと思いつつ、私も尻馬に乗っかってみようかと。

一次リーグ敗退という結果を招いた責任はどこにあるか。もちろん直接的には選手であり、監督ではありますが、それ以上に責任が重いのは無責任に煽るだけだったマスコミであり、それに簡単に洗脳されちゃったサポーターだったと思います。サポーターのことを「アホーター」と言っている方がいましたが、言い得て妙かもしれません。
そしてもちろん、そのアホーターの中には私自身も含まれます。
マスコミの煽りに流されてはいけないということは、今年に入ってからもトリノオリンピックの時に散々思い知っていたはずなのに……

あちこちのブログを閲覧してみると、鋭い批判意見も多いですね。監督を批判する意見もありましたし、点を取れなかったFWを批判するものもありました。そう多くはないけど中田英選手を批判する意見すらありました。私の見た限りではありますが、それらの意見はどれもかなり鋭く、確かにその通りだと思わせる素晴らしい意見ばかりでした。

でも、今のところ私が見た限りでは川口能活GKを批判する意見は一つもありませんでした。それどころかむしろ「川口のプレイは良かった」「プロ意識を持っていたのは中田英と川口だけだった」とかいった具合に賞賛している意見の方が多いように見受けられました。
中田英選手だって、見方によれば、良かったようにも見えるし、悪かったようにも見えるでしょう。
川口選手もまた、見方によっては良かったように見えるというのは分かります。確かにクロアチア戦でPKを止めたプレーは良かったとは思います。
でも、私的観点からすれば、川口GKで良かった部分といえばPKを阻止したそこだけです。それ以外全ては悪かったと思います。今回日本代表に選ばれた選手の中で、点を取れなかったFWよりも誰よりも、川口GKの責任が重いと思います。
川口GKを批判する人、一億人の中で何人いますか?他の選手を批判するよりも前に、まず川口GKでしょう。なぜ誰も川口GKを批判する人がいないのか、私には全く理解できません。

3試合で7失点もしたゴールキーパーが、良いGKと言えますか?

確かに点を取れなかったFWも悪いでしょう。でもFWは途中交替なども含めて複数の選手が出場しています。誰か一人だけに点を取れなかった責任の全てを背負わせるわけにはいきません。
でも川口GKは3試合、270分間ずっと一人でゴールマウスを守り続けていました。「川口GKが出場している時間帯は無失点で、他のGKが出ている時に失点して負けちゃった」とでもいうのなら話は別かもしれませんが、7失点全ては川口GKが取られたものです。
そりゃー、失点というのは、ゴールキーパー一人だけが悪いのではなく。DF、MF、さらに言えばFWの守備も含めてしっかりとできていなかったから取られるものであるのは確かです。
でも、それでも失点は全てゴールキーパーが負うべき責任です。
「ディフェンダー陣がボロボロに崩されたから取られたんだ。失点したのは俺だけの責任じゃない」なんてことは、川口選手も含めてゴールキーパーなら誰も言わないでしょう。そんなことを言い訳にするようなGKなら、少なくともプロとしては失格です。北朝鮮のミサイルに搭載して宇宙に不法投棄でもすればよいのです。

ジーコ監督のコメントにもあったように、日本が一次リーグ敗退した最大の要因は、やはり初戦のオーストラリア戦に負けてしまったことでしょう。
では、豪州戦の敗因は何だったか?
残り10分というところで失点してしまい、そこから一気に崩れて立て続けに取られてしまったからです。オーストラリアに取られた最初の1点こそが悪夢へのターニングポイントでした。
ではその1点はどうやって取られたかというと、相手のロングスローに対して川口GKが安易に飛び出し、中沢選手と重なってクリアに失敗し、ガラ空きのゴールマウスにブチ込まれた、というものでしたよね?
川口GKの一つの凡ミスが、結果としてサムライブルーの運命全てを狂わせてしまったのです。日本代表が一次リーグ突破できなかったのは、豪州戦で川口GKがミスって失点したのが原因だ、と断言してしまってもいいと思います。PKを一本止めたくらいで償い切れるものではない重大なミスでした。

川口GK、プレー自体はそれなりに頑張っていたと思います。
オーストラリア戦とブラジル戦に関しては、最初に失点するまではファインセーブ連発で、よく守っていたとは思います。でも、その後に3失点、4失点という大量失点をしてしまっては、前半のファインセーブも帳消しです。
プレーでそれなりに頑張っても、結果が7失点ではねぇ……
結果が結果ですから。頑張りが今ひとつ足りなかったと言わざるを得ないでしょう。
あるいは、最大限頑張ってベストを尽くして、それでいてこの程度のしょぼい結果しか残せない程、実力が無さ過ぎたのでしょうか?

実力が無い、というのもある意味正しいのかもしれません。
日本国内レベルでいえば、川口選手は実力のある良いゴールキーパーなのでしょう。だから代表にも選ばれ、3試合に全出場したのでしょう。
でも、世界レベルでは全く通用しない実力であることが今回はっきりしました。そういえば一時期、イングランドかどこだかの海外チームに行っていたことがありました。ただその時も、日本でいえばJ2のような下部リーグのチームで、しかも控えだったようです。日本人観光客を呼ぶのがチームの目的だったのでしょうか。世界は、最初から川口選手を正しく評価していたようです。
世界に通用する実力が無かった、というのは川口選手だけではなく、日本選手全てに該当しそうですが。

プロ意識論というのをちょくちょく見かけます。
「中田英選手と川口選手だけにしかプロ意識が無かった」といった意見が、なぜかあちこちに散見されます。
高いプロ意識が無ければ当然結果も出せない厳しい世界でしょう。でも、たとえ意識は低くても、結果さえ出せれば、とりあえずプロとして及第点なのは確かです。逆に、どんなに意識が高くても結果がついてこなければプロとして意味が無いのではないでしょうか?それはプロ意識が低くて結果も伴わないプロと、はっきり言って同格でしかないですよね。
プロ意識はあったかもしれない。でも「プロ」なら意識ではなく結果で評価されるものですから。
そもそも中田英選手と川口選手だけプロ意識を持っていた、というのはどこで判断するのでしょうか?内面のことなど私にはワカリマセン。
ただその二選手は、マスコミが注目して取り上げているから、目立つし、コメントも良く取り上げられるから、プロ意識が特別に高いように錯覚してしまっているだけなのではないか、とも感じられるのです。それくらいの意識なら、あるいは他の選手も持っていたかもしれません。持っていなかったかもしれませんが、それは分かりません。
うーん。プロ意識とは言いますけどね。今、言いました通り、プロ意識が低くたって結果が出ればいいわけですし。精神論だけでブラジルに勝てるくらいなら最初から苦労しないわけですし。
だから、中田英選手と川口選手以外の日本選手におけるプロ意識の欠落、に敗因を求めるのはちょっと違うのではないかと。プロ意識以前の問題として、中田英選手と川口選手も含めて単純に実力が無さすぎたのでは?全選手に高いプロ意識があったとしても、グループリーグ突破はかなり困難だったのでは?
オーストラリア戦でリードしていながら、最初の失点からブラジル戦惨敗までズルズル行ってしまった、という部分ならば、プロ意識の欠落に結びつけることも可能かもしれませんが、でもそうだとしたら中田英選手と川口選手だけを除外することはできないはずです。

ちょっとプロ意識論に関しては難しいですね。私の中では整理し切れていません。

マスコミは視聴率を稼ぐために、英雄の存在が欲しい。トリノ五輪の時には荒川静香選手でした。WBCの時にはイチロー選手でした。両選手は活躍して、誰の目にも明らかな結果を出しましたからね。
ワールドカップサッカーにおける日本代表チームでは……ゴールはほとんどゲットできずに終わりましたし、人気も知名度もある中田英選手は頑張ってはいたけど、勝利に結びつくような結果を残せなかったし……となると、素人目にも分かり易い結果を出したのはクロアチア戦でPKを阻止した川口GKだけですね。だからヒーローに祭り上げられたんですね。
でもね。そんなんで喜んでいちゃダメなんですよ。クロアチア戦は引き分けですが、グループリーグは(川口GKのミスのせいで)敗退ですから。一次敗退、それが唯一無二の結果です。
以前にも似たようなことがありましたね。1996年アトランタオリンピックの時。サッカーでブラジルに勝ち「マイアミの奇跡」として舞い上がり今でも語り継がれています。でもその時もグループリーグ敗退だったはずなのに、その結果は厳粛に受けとめられずじまいでした。ブラジルに勝ったという一つの過程だけに話題がすり替えられてしまって、結果からは目が背けられてしまいました。
そのツケが今になって回ってきたように感じられてなりません。そういえば川口選手とか中田英選手なんかも、アトランタオリンピックの時に出場していましたよね。これも因果でしょうか。

もう一度言います。
3試合で7失点もしたゴールキーパーが、頑張ったと賞賛できますか??

だからマスコミやサポーター(アホーター)は別格として、選手の中で限定するならば、川口GKがA級戦犯だったと思います。
それなのに、マスコミやサポーターがリーグ7失点大敗という現実から目を背け、川口選手を英雄として賞賛している限りは、日本サッカーは永遠に強くはなれないでしょうね。

いやほんと、厳しいことを書いたかもしれませんが、サッカー日本代表、これから新監督の下で頑張ってほしいです。
日本は冬季競技では、長野五輪の時がピークで、その次のソルトレイクシティーで低迷し、今年のトリノでは更に低迷してしまいました。
日本サッカーに関していえば、2002年日韓共催大会がピークで、今年のドイツで低迷し、4年後の南アフリカ大会では……冬季競技と同じ轍を辿ってほしくないですね。

【人気ブログランキング】豪州戦最初の失点以降、彼らはサムライであることをやめてしまった


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

川口選手だけを責めるのは・・・

こんばんは。
川口選手の弁護をする訳ではないけれど、今回の結果は、試合に出た選手全員の責任ですよ。
日本だけでなく、海外でも川口選手の評価は高いんです。
つまり、あの3試合の猛攻を7点でしのいだのは奇跡的で、川口選手でなかったら、もっと失点してたという見方らしいです。
ただ、私も彼を英雄視する感覚は理解できないです。
彼は、ゴールキーパーとして当然のことをしただけ。一生も出来ずに敗退してるんだから、英雄なんている訳ない。
7失点は確かにひどい。でも、取られたら取り返せばいい。それができなかったんです。今の日本は。
3試合で2得点じゃあ、予選敗退も仕方ないでしょう。

  • 2006/06/24(土) 22:03:42 |
  • http://blog.livedoor.jp/bp_kaisei/ |
  • 快晴 #vMDeFNio
  • [ 編集 ]

快晴 さま

いつもお世話になっています。
私も川口選手一人が悪いとは思いませんしジーコ監督の采配やFWの選手が批判されるのは当然だと思います。
川口GK以外(外人GKも含めて)だったらもっと失点していたかもしれない、というのは、私もそうかなと思います。他のGKなら10失点していたかもしれませんが、だからといって川口GKの7失点という結果が素晴らしかったとはちょっと思えません。オーストラリア戦の1点目は痛恨のミスですし、ブラジル戦の2点目と3点目は勝つチームのGKならセーブできていたようにも見えたのですが……
もしも、ジーコ監督以外が采配していたら、別の選手がFWだったら、日本は点を取って勝っていたか?というと……ちょっとしたきっかけで7点も取られてちゃそれも無理だったかと。そもそもブラジル戦は点を取ったからこそ逆に相手に火をつけちゃった感じでしたし。
取られたら取り返せばいい、というよりも、点を取れないなら守り切らなくてはならない、と思いました。特にサッカーは基本的に大量点が入るようなスポーツではないので守りが重要で、失点は致命的だと思います。
それなのに、川口GKへの批判は一切無く、それどころか英雄扱いというのは理解に苦しみます。
クロアチア戦のPKも、川口GKのファインセーブというよりは、相手のミスキックに助けられたように私の目には見えたのですが……
世界の60億人が「川口GKは良かった」と評価しても、私は評価できないですね。

  • 2006/06/24(土) 23:22:43 |
  • |
  • 賢木 #-
  • [ 編集 ]

コメントは承認制です。

スパムと荒らし対策で承認制にしていますが、管理人自らのコメントもいちいち承認しなければ載らない、というのが面倒くさいです。
何か良い方法は無いものでしょうか……

  • 2006/06/24(土) 23:25:09 |
  • |
  • 賢木 #-
  • [ 編集 ]

ドルトムントの喜劇

・・・何か日本の前半の1点も〝お情けで入れさせて貰った〟気がするのは私だけでしょうか^^;。
4年前に比べて(当時も結構不満はありましたが)強くなった感じはしませんでした。
これで日本、当分は「サッカー暗黒時代」を迎えてしまうんでしょうかね・・・^^;。

  • 2006/06/25(日) 00:08:51 |
  • http://sanaet0524.exblog.jp/ |
  • tokkey_0524zet #T7oFoSSU
  • [ 編集 ]

tokkey_0524zet さま

お世話になっています。
前半の1点はさすがに実力だったと思います。
「消化試合で、ベストメンバーでもなく、まだエンジンのかかっていなかったブラジルが相手」という註釈は必要でしょうけど。
本文にも書いたのですが、冬季競技と同じ運命は辿ってほしくないです。
冬季競技と違い、サッカーは金銭的にも環境的にも恵まれているはずですから。

  • 2006/06/25(日) 06:47:09 |
  • |
  • 賢木 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/429-eb0db025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。