ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

新規開設

たとえば同人サークルを作ったとします。アレゲな同人誌を作ってインターネットで配布なんか企てちゃったりなんかして。
で、送料や印刷代などの実費は負担してもらいたいんだけど、振込先で本名がばれるのは色々不都合がある場合も多いでしょう。個人情報の危機が叫ばれている時代でもありますし。
そこで、サークル名の口座がほしい、と思うかもしれません。
今回は、郵便局の一般振替口座でサークル名口座開設の手順を実体験に基づいておさらいしてみようかと。
これを実施したのは2006年4月です。あまりにも何年も経ってからだと、制度が変わってしまって書かれている内容と違う場合もあるかもしれません。あくまでも「参考」程度にしておいてください。また、手続きをするのはあくまでも郵便局員さんですから、局によって対応に違いが出るのは当然だと思います。そういう意味でも、下記の記事は私が体験したというだけの「参考」としてとどめておいてほしいです。
持っていくべき物は。
・印鑑
・本人確認書類(運転免許証、等)
・サークルの規約書
・親権者の同意書等。未成年の人が申し込む場合は、必要な場合があるようです。

私が行ったのは田舎の「土井中郵便局」(仮名)です。とはいえ、土日でも一部窓口が開いているような、地方のキー局ともいうべきそこそこ大きい郵便局でした。
郵便局の窓口へ行って「一般振替口座を開設したいのですが」と言いますと、「郵便振替加入申込書」という用紙を渡されますので、それに記入します。
ここで。
・あくまでも個人名義で口座を開設し、表記を別名とするか。
・口座の名義そのものをサークル名で開設するか。
が問題になります。自分一人のサークルなら上の方法でもどちらでも構わない感じもしますが。ただ、私が行った郵便局では、「上の方法はダメで、サークル名での開設となります」と言われてしまいましたので、選択の余地無く下の方で開設という運びになりました。
上と下とでは、申込用紙は同じなのですが、書く内容が微妙に違うのですよね。
とりあえずここでは、下のケースの時にどう書くかということで話を進めます。あ、勿論、何をどう書くかについては郵便局によって対応が違うことも充分考えられますので、不明な点は局員さんに聞きながら書きましょう。
私が書いたのは、
・(サークル所在地の)郵便番号
・(サークル所在地の)住所
・(サークル所在地の)電話番号
・サークル名
・サークルの設立年月日
・サークル代表者の住所
・サークル代表者の氏名
・サークル代表者の生年月日
・サークル代表者の電話番号
です。今回のケースではサークル所在地というのはぶっちゃけ私の自宅ですね。
で、書いた申込用紙を出して……数人の局員さんが他の局に電話をしたり便覧を見て調べたりしていました。田舎ではこういうケースが滅多に無いからでしょう。局員さんも、きっちり手続きを覚えているわけではなさそうです。これが東京の真ん中とかだったら、大学のサークルで口座開設、などというケースもあるでしょうから、ある程度手慣れているかもしれませんでしたね。で、
「加入者払込局と加入者払出局は土井中郵便局でいいですか?」と聞かれます。ここで指定した郵便局でしかお金を引き出すことができませんし、送金等の際も色々便宜が違うようです(詳しくは後で小冊子をもらえますし、ネット上の郵便局のホームページでも確認できます)。いずれにせよ、加入者としてはその郵便局で手続きをすることばかりでしょうから、自宅に近くて便利な郵便局の方が良いでしょう。小さい郵便局だと、将来的に郵政改革の影響を受けて整理統合されてしまうなんてこともあるかもしれないので、そこそこ大きめの局がいいでしょう。

で、当たり前の話ですが、マネーローンダリングとか振込詐欺などの犯罪に利用されるのを防ぐため、金融機関では本人確認がけっこう厳しくされます。
本人確認書類の提示を求められますので、運転免許証などの書類を出します。コピーを取るのかと思ったら、手書きで内容を控えていました。ごくろうなことですね。
個人ではなくサークル名での開設の場合、そのサークルの規約書の提出を求められます。
・サークルの名前
・サークルの所在地
・サークルの活動、目的
・サークルの役員名
・サークルの設立年月日
といったことが書いてあれば大丈夫ようです。私が出した規約書はどう書いてあったかというと……(一部仮名)

サークルドサ日記   規約
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1条:本サークルは名称を「サークルドサ日記」と称する(以下本会と略す)。

第2条:本会の本部は、「北海道土井中郡土井中村区画外地 築44年アパート444号室  賢木方」に置くものとする。

第3条:本会は、会員の趣味に基づき、自主制作同人誌の制作と頒布を目的とする。

第4条:本会の役員と構成員は下記の通りである。

・代 表 賢木
・会 計 賢木
・編 集 賢木
・構成員数 1名

第5条:本会の設立は2006年4月44日である。

第6条:本会の運営は、必要のあるごとに、役員の合議により決定するものとする。

第7条:本規約の改正は、役員の合議によるものとする。

付則

本規約は2006年4月44日より施行する。

↑こんな感じです。規約書に関しては、ググってみれば色々例が出てくると思いますので参考にしてみて下さい。
そして、書類に押印を求められます。ええと、1箇所だったか2箇所だったか、ちょっと忘れちゃいました。とにかく、一般振替口座には通帳もカードもありませんので、お金を下ろそうとするなら絶対に登録した郵便局の窓口でしなければなりません。この時使った印鑑を失くすと困ったことになると思います。
あとは、郵便局員さんが機械に必要事項を打ち込んで、「受付証」という伝票をくれます。これで、とりあえず郵便局での手続きは終了ということになります。
「用紙を請求しますか?」と聞かれますが、この口座を送金目的で使うなら、そのための用紙を請求したらいいと思います。が、同人誌の実費を徴収するというような目的の場合は必要な書類は取り敢えず無いはずです。
最初に窓口に声をかけてから、手続き終了まで40分くらいかかったでしょうか。ちなみに待っている時間も含めてずっと立ちっぱなしでした。

もちろん、この時点で正式な手続きが全て完了したわけではありません。郵便局は口座開設申込書を預かって、仮開設した、という形です。書類が郵便局から事務センターへ送られて正式な手続きがされ、一週間後くらいに正式な通知書が、申し込んだ住所に送られて来ます。その通知書に口座番号が書かれていますので、以後それを使うということになります。先にも述べた通り、通帳もカードも無いので、印鑑と口座番号だけですね。
通知書と一緒に「郵便振替 ご利用のしおり」という小冊子も同封されていますので、以後の手続きはそれを参考にしながら行うのが良いでしょう。

ちなみに、インターネット上で入金等の確認ができるホームサービスも申し込んでおくと便利だと思います。これは正式に口座が開設されてから申し込むということになります。
私はまだホームサービスは申し込んでいませんし、あと、開設した口座に送金するのはどんな感じなのかまだ実験していません。いずれしてみたいですね。

【人気ブログランキング】サークル名での口座開設。参考になったらクリック

【広告】
よく耳にするレンタル鯖ロリポップ!って実はこんな感じ!?
いくらって、美味しいよねぇ北国からの贈り物熱々ゴハンに振りかけて一気にかきこむのが通。
シナジー・インターナショナルご家族のための防災セット
⇒サイズアップ・ペニス増大商品の詳細・購入はこちら!
ワンデーアキュビュー使い捨てコンタクトレンズ★安い・早い・確実にお届け★
北海道・しーおー・じぇいぴー今が旬!北海道から3日で届く産地直送品北海道民の98%が知っているあのジンギスカンもあるよ。
介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!
評判の占い師はこちら!!
これは便利!携帯ウォシュレット!
現地で味わう北海道の旬のおいしさ味わうなら北海道三昧丸鮮千代水産



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:つれづれ。 - ジャンル:その他

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/393-8ade468b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。