ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

ぽっかり死にスペースの図書館。全集におさまった文豪よさらば。

過日、ちょっと大きな街の新しくできた図書館に行ってきました。
蔵書数はたしかにド田舎である地元の図書館よりは多いです。
でも明らかに使い勝手は悪そうでした。悪い箇所、ちまちまと幾つも書けるのですが、まぁここに書いても仕方がないので書きませんが。

どこの図書館でもそういう傾向があるようですが、文庫本が少ないです。
特に、昔の文豪の作品は文庫が全然無いですね。夏目漱石とか森鴎外とか。
あるのは立派な箱に入っている、大きく重く分厚く巻数も多い全集だけ。
その文豪の全ての作品を隙無く網羅する、という意味では全集の存在意義は分かるのですが、手を出しにくいです。こうして昔のエラい作家の作品も読まれなくなっていくのでしょうな。
例えば『草枕』が読みたい、『高瀬舟』が読みたい、などと思った時、扱い難い全集を一冊ずつ箱から引っ張り出してお目当ての作品が収録されているかどうか探さなくてはなりません。……検索システムがあるから、それを使えばあるいはどの本にどの作品が収録されているのか分かるのかもしれませんが。でも逆に分からないかも……
現実に、図書館自体は新しいということもあってかなり人が来ていたのですが、全集コーナーで本をさがしている人は一人もいませんでした。
まぁもちろん「文豪の作品は、文庫本などではなくきちんとした全集で読みたい」というコアな読書人も存在するのでしょうけど。
どうせ全集を揃えるのなら、購入金額も高く収納スペースも嵩張る一般読者には敷居が高くて手を出しにくいそういう全集ではなく、文庫本タイプの全集の方が良いのでは?
漱石や鴎外はともかく、全っ然知らない作家の全集もいっぱいありました。小耳に挟んだことすら無さそうです。全集は存在するだけで価値があるにしても、読まれて初めて更なるプライスレスな価値が出るもの。
誰かがあれらの全集をひもとく日が来ることを望みます。

最近新刊が出た図書館伝奇アクション。

『その本、持ち出しを禁ず―戒書封殺記』十月ユウ
富士見ファンタジア文庫。


『戒書封殺記 その本、触れることなかれ』十月ユウ
富士見ファンタジア文庫。

【人気ブログランキング】結局私は本は買って読む派


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:図書館 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/373-ff9d650b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。