ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

走れ走れ!

箱根駅伝のテレビ放送の時にも流れていたのですが、ソニー生命のCM。かなり以前から放映されてはいますので、今更な話題なのですが。
結構印象的です。しんみりしたBGMに彩られ、涙モノです。
サッカー解説の松木安太郎さん扮する父親が、サッカーをする幼い息子ヤスオに向かって「走れ走れ」と声援を送るシーンから始まるあのCM、といえば、大抵の人は一度くらいは見たことがあると思い出すでしょう。
ソニー生命のホームページを見ると、このCM、放映が開始されたのが2005年5月22日らしいです。当時行われていたサッカーキリンカップ放送用に作られたCMらしいですが、やはり好評だったのでしょう。今にいたるまで放送されています。
私はこのCMの解釈を、2006年1月3日まで、ずっと誤解していました。
いや、前から変だな、とは思ってはいたのですよ(←言い訳)。
CMの中で松木パパは常に熱く「走れ走れ」と応援しています。そんな中で幼かった息子は成長し、高校生になって父の身長を追い越し、やがて時は流れて夢を叶えプロサッカー選手となります。
プロ選手となったヤスオに、スーツを着て眼鏡をかけたオジサンが「走れ走れ」と熱く応援します。これが変だと思ったのですよ。ヤスオが高校生の頃から、10年くらいの歳月は流れているのかもしれませんが、それにしては随分松木パパは年のせいか容姿が変わってしまったんやなぁ……と。。。。
つまり私は、最後のシーンのスーツ眼鏡オジサン=松木パパ、と勘違いしていたのです。
理由。今まで、やたら熱く応援している松木パパの姿に目を奪われていて、その隣に常に立っていた人物に注意が向いていませんでした。
そう。ヤスオが幼かった頃から、松木パパの隣にはいつも、スーツを着て眼鏡をかけたあのオジサンが控えていることに遅まきながら気付いたのです。
つまりこの人こそが、ソニー生命のライフプランナーなのですな。
そういえばそのライフプランナー、プロ選手ヤスオを応援するスタジアムで、自分の隣の空席を見つめるシーンがありました。
空席?
つまり、これは、どういうことかというと…………

ま、松木パパ、……故人となられているじゃありませんか!

あらららららら……
そういや、背後に流れるしんみりBGM、……これ、ショパンの『別れの曲』じゃありませんか!?
松木パパ、明らかに早死にですよね。興奮し過ぎて脳溢血か何かだったのでしょうか?ご冥福をお祈りします。
時代劇の斬られ役よりもスゴイかも。
考えてみれば安太郎の息子だからヤスオって名前ですか。割と安直でした。
松木パパが亡くなっていたこともショックでしたが、それよりも、約20年の時の流れを表しているにもかかわらず、ライフプランナーがほとんど老けていないのが驚きです。最後のシーンでちょっと白髪が増えたくらいじゃないでしょうか。
「走れ走れ」だから箱根駅伝放送でもこのCMを使ったのでしょうね。

……いやぁ、そういうCMだったのですか。衝撃でした。でも自分、気付くの遅すぎですね。


メイド服、巫女衣装で萌える?

コメント

箱根駅伝へのコメント感謝です!
はじめまして!
本当に全チームに拍手でしたね!
また、このCM、私も感動してました。
いずれ記事にしようと思っていたのですが、先を越されました(笑)
とても素晴らしいストーリー性のあるCMですよね。ちゃんと見ないと理解できませんが、ジーンときます。
これからもよろしくお願いします。

  • 2006/01/05(木) 01:18:38 |
  • http://blog.livedoor.jp/duskin/ |
  • 「感動創造」 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

こんにちわ。ソニー生命のCM、箱根駅伝放送に挿入されるCMとしては、なかなか合っていたと思います。
そういえば今年はFIFAワールドカップありますし、その頃にもこのCMは放映されているでしょうか?

  • 2006/01/05(木) 07:03:06 |
  • |
  • 賢木 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/240-92586b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。