ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

暗黙の了解

例えば某国営放送の受信料は、テレビを持っているなら必ず払わなければなりません。放送法で定められているそうです。法律に書かれているということは、当然違反した場合の罰則規定もあるはずです。大体は○万円以下の罰金となるでしょう。

18歳未満は禁止のゲームとか漫画とか小説、ありますね。いわゆるアダルトです。東京都の条例ではかなり厳しく規制しているという噂も聞きますが、他の地域では実際のところ、違反したからといって厳罰に処されたという話は聞いたことがありません。

18歳未満の人が書いたという、アダルト小説がありました。出版社が言うには、法律的には問題無いそうです。18歳未満は見るのはダメでも書くのはOKとは、日本の法律も素晴らしいモノです。
でもちょっと待ってくださいよ?
一度もアダルト小説を読まずに、アダルト小説を自分で書くことができるでしょうか?
例えば一度も架空戦記小説を読んだことのない人が架空戦記小説を書けるでしょうか?
スペースオペラを一度も読んだことのない人がスペオペ書けるでしょうか?
純文学を一度も読んでない人が純文学を書けるでしょうか?
アダルトだって同じだと思います。一度も読んだことのない人には、まず書けないでしょう。少なくとも書籍として出版できるレベルのものは書けません。

ってことは、18歳未満なのに、アダルト小説を読んで勉強していたんじゃん。
まぁそこは暗黙の了解ということで……アダルトならぬ大人の事情なのでした。

『こいねこ―君に逢えたら』
美少女文庫。作者のあおぞら鈴音先生は、この作品を発表した時点で16歳高校生だったそうです。アダルト商品につき18歳未満はクリック禁止です。

メイド服、巫女衣装で萌える?

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/216-aa71a1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。