ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

半分になれば半分になるのか?

ローカルニュースでユキムシの大量発生の映像を観て、衝撃です。
本当に吹雪みたいです。あそこまでの大量発生は、私はいまだ見たことがありません。すごい……
ユキムシは雪と違って、目や耳や鼻や口に入っても融けないので困ります。

近頃、近場の100円ショップの売り場面積が縮小になってしまいました。大体半分くらいになったのでしょうか?
じゃあ品揃えも半数くらいになったのか?というと……感覚としてはそうではありません。
4分の1、いやもしくは8分の1くらいの品揃えに後退したかもしれません。売り場面積は半分なのに、品揃えは減少率が大きいのです。
ちょっと考えれば理屈が分かりますね。売り場面積を減少させて、残す商品は売れ筋の精鋭商品だけです。多種多様な商品を、品数を少なく種類は多く、という戦略は面積あっての話なのです。

いやぁ……某S市に先日行った時なんか、5階建てくらいの大手100円ショップなんかがあったりして、田舎との差を改めて思い知らされたものです。
田舎は更に不便へと追いやられます。それこそ某政権における改革と同じですよ。経済は正直だから、地方は斬り捨てです。

100円ショップって、安くて手軽な商品が揃っているということと同時に、品揃えが多いことが魅力なはずなんですけどね。

まぁ、品揃えが8分の1になった100円ショップにほとんど用はありません。その100円ショップへ行く頻度は今までの16分の1くらいになるでしょう。なんぼ田舎であっても、他にも100円ショップなら一応あるのですから。


メイド服、巫女衣装で萌える?

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/189-9a93ebf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。