ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

忘れた頃 6 常備薬

シリーズも何故かもう第6弾。こうやって毎回やっていちゃ、忘れた頃じゃなくて、忘れなくなってしまいそうです。常に意識を持つのは大切ですが、それによってかえって危機感が薄れるのでは逆に困ります。だから危機管理は難しい。
さて、健康管理は大事だと思います。だから

常備薬

大地震のような大災害が起きた時、真っ先に思いつくのは怪我人の手当てです。だから外部からの支援は外科医が多い傾向があるようです。災害発生当初はそうかもしれませんが、外科手当の支援の需要度は時間とともに急激に下がると思われます。
変わって大事になってくるのが内科的なもの。持病なんかを持っている人。

大きな災害時、ちょっと用語は忘れましたが、治療の優先度を決める選択がされます。命にかかわるような怪我は優先的に治療され、そうでない怪我は後回しにされます。もちろん、膨大な数の被災者が出ている中では必要な選択ですが、後回しにされた人は大変ではあります。
例えば急な災害で体調を崩してちょっと風邪気味になってしまった、という人も当然出てくると思いますが、ま、後回しでしょうね。他人に風邪を移しても困りますが、まず第一に本人がツライ。
そんな時に自分で風邪薬を持っていれば……
あと当然ですが、自分が普段から服用している薬も、急に飲めなくなると困ります。常用している薬については、数日分を確保しておいてリュックの中に入れておくべきでしょう。糖尿病や高血圧だったら、薬が切れたらかなり困るのでは?
例えば風邪をひいた時、病院で一週間分の薬を出してもらったとします。その風邪が四日で治れば、三日分の薬をストックしておくことができます。賞味期限はあまり考えなくてもよいようです。
ただ、その薬が何の薬であるのか、後から見ても分かるようにきちんと整理しておいて、その時の症状に合わせて使うようにしなければならないでしょう。薬局でもらう処方箋を取っておくのが良いかも。

A 常備薬(持病のもの)
B 常備薬(一般的なもの)

一般的なものとは、市販の風邪薬や胃腸薬、頭痛薬など、本人がどんな症状を起こしやすいか検討した上で用意しましょう。
エスエス葛根湯エキス顆粒A 10包
エスエス葛根湯エキス顆粒
風邪薬


メイド服、巫女衣装で萌える?

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/157-d77fa978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。