ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

忘れた頃 2

まー当然シリーズ化。どこまで続くか。ってゆーかどこで終わるか。実際に災害が起きる前に終わって実践することができるのか。疑問は尽きないですが、やらないよりはやる方が絶対いいに決まっている(と信じている)ので、昨日に引き続き行きます。

前置きが長くなったっすね。
たとえラップを用意しても、地震が起きた時にラップをひっ掴んで避難する人はいないでしょー。必要な小物は、一つのバッグの中に収納しておいて、そのバッグを持って逃げることになります。
本来なら、いの一番にこれを挙げるべきだったのですが。

リュック

リュックがいいと思います。持ち運ぶ時に肩に担げるから。場合によっては両肩に担いで、両手が空く。乳幼児を抱いて荷物を背負って避難することもできます。手提げバッグだとそうはいきませんからね。あまり小さすぎない方が良いのはもちろんですが、荷物を詰めた時に自分の体力で持てる大きさがいいでしょう。登山用のリュックなどは、かなり物が入るだろうけど、重そうだし値段も高そうです。だから普通のホームセンターのスポーツ用品コーナーなんぞに売っているナイロン製のそれなりに丈夫そうなのがいいのです。
ポケットがいくつかついていて、詰め込む物の大きさに応じて小分けができるという点も重要かと思います。
で、経済的に余裕があるなら、リュックは2つ用意してはいかがでしょうか?この文章を閲覧している人は当然パソコンを扱う方でしょうから、バックアップの重要性はもう説明の必要なく分かっているはず。外見が全く同じリュックだと困るので、型式は同じでもよいので色違いにしましょう。なるべくなら赤と黄色(っぽい色)がいいです。赤の方が緊急度が高いA、Bランクの物を詰め込む。黄色リュックにはAランクの物とCランクの物を目安に。
赤リュックは家の中、自分が居る場所のすぐ近くに常備しておく。寝る時は枕元ですね。災害発生時は、とりあえず赤リュックを持って避難する、ということで。
黄色リュックは家の外に置くのがいいかと思っています。赤リュックを持つ余裕すら無く避難せざるを得なかったとか、外出中に大地震が発生して家が倒壊していたなど、赤リュックを持ち出せなかった場合に黄色リュックに頼ることになります。黄色リュックは家の外の物置、あるいは車を持っているなら車の中、物置も車も無いのなら、最悪の場合勤め先に個人用ロッカーがあるならその中など、とにかく家の中以外ならいいです。どうしても家の外に置く場所が無いなら、玄関でしょうね。

そしてリュックの中に入れる物について。もし色違いの物が存在するのなら、赤リュックには赤、または赤系統の色の物を入れるようにしましょう。オレンジとかピンクとか。黄色リュックには黄色か黄色系統。黄緑や、場合によっては緑くらいまでですかね。

リュックに荷物を詰めて所定の場所に置いただけではダメですね。定期的に中身のチェックをしなければ。必要な物がいざという時にきちんと使えるかの確認と、防災意識の昂揚が目的です。

リュックはさすがに100円ショップでは売っていないでしょう。いや、あるいは売っているのかもしれませんが、強度や容積の問題で非常時に使えるかどうかがさすがに疑問なので、ここは極端な安物では済ませない方が良いでしょう。

A 赤リュック
C 黄色リュック

黄色リュックとその中に入れる物は、経済と保管場所の都合が許せば用意するということになります。

あ、あと補足ですが、赤リュックの保管場所。
非常用の荷物を纏めておいて備えている、という人は結構いるようですが。押入の中とかいった収納スペースに置いてある、という人も多いようです。
これはどうでしょうね?
いざという時、咄嗟に押入から持ち出して逃げられますかね?特に大地震の時、家が歪んで押入の扉が開かなくなるというケースも考えられます。
要注意!
災害避難時に備えて安心!アウトドアにも使える寝袋兼用リュック

寝袋兼用リュック
さすがに色は選べそうにはないですが、本格的です。

メイド服、巫女衣装で萌える?

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/153-0089ad04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。