ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

歴史が鍛えた筋肉

本日は衆議院議員選挙の投票日です。有権者の人はもう投票に行かれましたでしょうか?
てか、事前投票の人以外はまだ行ってないに決まってますよね。これ書いているの、日付が変わっていくばくかの夜中ですもん。
以前にも同じ事を幾度も言っているのですが、新たな場ということで、改めて言います。
私は、よほど当日の体調が悪いなどの理由が無い限り、必ず投票に行きます。かつては理由無く、メンドクサイというだけで行かなかった時期もありましたけどね。今は行ってます。
何故なら、普通選挙権というのは、人類の至宝だからです。金銭に換算すれば大した価値は無いですけど。
私は素人だけど歴史家。だから人類が長い歴史の中の闘争で、多くの血を流しながら参政権を獲得してきたのを一応知っているつもりです。最近はほとんど知識もどういう流れだったかも忘れてきていますが。
たとえば英国では清教徒革命や名誉革命なんかで専制政治と闘って、その後色々紆余曲折なんかも経ていった苦難の歴史がある。
日本では確か加藤内閣の時でしたか。普通選挙法が施行されたの。でも同時に、治安維持法が抱き合わせになっていたという。生類憐れみの令と並ぶ日本法政史上最悪の悪法と名高いアレですね。
もちろん私だって現実として、私の一票ごときで日本の政治が劇的に良くなるなんて甘い夢は持っていないです。仮に有権者全員が棄権無く投票したところで無駄だろうねぇ。そう言い切れる理由については、敢えてここで述べなくても分かるでしょう。
でも、選挙権は人類が闘って勝ち得た歴史を持っているもの。それを駆使することが、戦いに明け暮れた人々へ対するオマージュ、レクイエムになるのでは、と思うから、私は投票します。
小説のパクリですが、権利とは筋肉のようなもの。使わなければ衰えていくものですから。


んで、朝7時に投票行ってきました。
ところで、投票済み証明書、のようなものって、もらえるものでしょうか?私は今まで一度ももらったことありませんし、今回ももらってません。
なんか、その証明書を持っていったら半額になる温泉があるとかラジオで言っていました。
別に温泉に行きたいわけじゃないけど、証明書がもらえるのかどうか、疑問です。



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:議会 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanteclair.blog48.fc2.com/tb.php/139-0ea23073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。