ドサ日記 雑草帝国の辺境

都会人もすなるブログといふものを、田舎者もしてみむとてするなり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイド服、巫女衣装で萌える?

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震。宮城北部で震度7

このブログは、ずっと以前から、防災というカテゴリを持って、地震の恐ろしさを常々伝えてきました。
今年に入ってから、ニュージーランドでも大きな地震が起き、日本人留学生が多数巻き込まれました。
3月10日には、中国雲南省で地震が起きて大きな被害が出ているようです。

そして本日3月11日。
地震大国である日本で、大きな地震が起きました。平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震です。
マグニチュードは気象庁が当初の発表から修正して、8.8だそうで、日本の観測史上では最大級らしいです。阪神大震災はM7.3なので、その約180倍の地震エネルギーの大きさだそうです。ちなみに、アメリカの機関の発表では、今回の地震はM8.9だとか。
1900年以降の地震としては、世界で5番目の大きさとみられるようです。
震度は宮城県北部で、7。地震が起きた直後に7という数字が報道されていたので、もう余程だったのでしょう。阪神大震災の時だって、随分後になってから、酷い所は7だった、というふうに修正されたものでした。
震度7が観測されたのは、新潟中越地震以来らしい。
その他、東北、関東の広い範囲で震度6弱とか6強とか。
これ、一番大きい被害が出ているのが宮城県でなかったら、首都大地震と呼称されていたかもしれないレベルじゃないでしょうかね。
東日本ほぼ全域といってもいいくらいの、被害範囲の広さ。
そして、もっと広い範囲に被害を及ぼしているのは、津波。
四面環海の国である日本は、地震というとどうしても津波がセットとなります。
北海道から徳島あたりまで、大津波警報が出ました。
また、環太平洋のほぼ全域、メキシコとかパナマとかチリとかまで含めて、津波警報が出たらしいです。


さて、今回は広い範囲にわたって、津波を含めて大きな被害の地震です。
安否確認が必要となります。
電話がつながりにくくなるのは、いつものこと。

今回私が注目したのが、ツイッター。
今まで、大きな地震が起きた時には、まだツイッターが存在していなかったり、普及していなかったり。
で、今回。
ツイッターが案外頑丈で、地震にもメゲずにきちんと機能していて、これはアカウントを知っている同士の安否確認に使えるようです。
たとえば、友達が100人いる場合、100回電話をして連絡を取り合わなければならない。そりゃ回線も混乱します。
でもツイッターに一言「無事です」と投稿さえできれば、100人の友人は、手がすいている時間にそれを確認さえすれば良いわけです。
なるほど、上手く使えば便利そうですね、ツイッター。
実際、私としても、宮城県の知り合いの安否は気がかりでした。知り合いといっても、ネット上でのことですけど。
お二人とも、ツイッターで無事を報告しておられて、一安心でした。
その他、関東地方の人も、次々とツイッターで無事報告をしたり、「○○さんの発言がまだ無い。大丈夫だろうか」と発言を心待ちにしたり、という光景が見られました。
ちなみに私はというと、誰からも心配されていません。
住んでいる地域が、ということもありますが、仮に宮城県に住んでいても、たぶん私の名前を出して心配する人はいないだろーなー。
べ、別に、心配してくれだなんて言っていないんだからねっ!

しかし。
ツイッターの長所が見えた反面、残念な欠点も見えました。
デマの拡散です。
関東大震災の時もそうでしたが、大きな地震が起きたら、デマが流れて、混乱に拍車をかけてしまいます。
関東大震災のような大正時代だったら、通信手段が限られているので、デマが広がる速度にも限界がありました。
だが、ツイッター。安否確認で有用ということは、情報拡散能力が大きいということで、良い情報だけではなく、デマもまた、すごい勢いで拡散してしまうようです。
もちろん、情報を受け取る側が、鵜呑みにせず、落ち着いて取捨選択するのが必要です。
と、同時に、よかれと思ってやる拡散が、むやみやたらと社会不安を煽ってデマの被害を広げます。

こういう時に一番大事なのは、落ち着くことですね。
落ち着いて行動すれば、道聴塗説に惑わされることもないはず。

とにかく、被害が少なく済んでほしいものです。
スポンサーサイト


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

2010防災の日

残暑が厳しいです。
本日の最高気温予想は30度でした。実際の温度が何度だったのかは知りませんが、だいたいそれくらいあったと思います。
で、明日の最高気温予想は31度です。
もう9月に入っているのに、増えるってどういうことよ?
それにここは、北海道なんですけど……

暑かろうが寒かろうが、9月1日はやってきます。
昨日、8月31日は語呂合わせで野菜の日ということで、ラジオでは野菜の日スペシャルとして、野菜ソムリエを招いたり野菜料理レシピをリスナーから募集したりと、色々やっていました。
翌日である今日は防災の日。言うまでもなく関東大震災の日です。
ラジオでは当然、防災の日スペシャルをやっていました。

たとえば災害は、いつ起きるか分かりません。
真夏の猛暑の中で地震が起きるかもしれない。
それで停電すると……冷凍庫は使えず、冷凍食品があっという間にダメになるかもしれない。
残暑厳しい最中の防災の日なので、常温保存できる非常食は……みたいなこともやっていました。
あと、どうしても常温保存とかとなると、そのまま食べられる物は少ない。調理をしてから食べる物が多くなるので、カセットボンベとか燃料などを備蓄する、といった意見もありました。
その一方、現実的な声もありました。阪神大震災が起こった時には、防災グッズも揃えて色々やっていたけど、喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつで、今ではこれといって何も備えをしていません。これじゃいけないと分かっているんですけどねー。とか。
もちろん、物を揃えるのも大事ですが、いざ何かあった時の、家族の待ち合わせ場所をあらかじめ決めておくとか。
常に防災意識を持っている、というのが一番大事ですよね。
日本は言わずと知れた地震大国で、でも地震以外の災害も多々あって、台風とかゲリラ豪雨などによる土砂災害、火山のある地域では噴火など。
逆に水不足になることだってありますし。
このブログを閲覧している人はほとんどいないでしょうけど、常に防災についてのメッセージを発信し続けたいと思います。
キーワード:防災



メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

2009年も忘れちゃいけません。忘れた頃にやってくる災害

新年早々ですが、地球の活動に新年とかそんなの関係ないですね。
インドネシアで、大規模地震が続いているようです。
その影響で、日本にも津波注意報が出ました。実際に津波も到達しているようです。注意報発令に関しては、不手際もあったようですが。
このブログは、今年も、おりにふれて、災害情報を載せます。そして、いざという時の危機管理、心構えを忘れない、というスタンスを貫きます。
キーワード:津波

あの津波を忘れないで! スリランカのララ・バッグが登場 ララ・エコバッグ【フェアトレード】
People Tree
デイリーにも、ショッピング・バッグにも大活躍! 小物を収納できるミニポーチつき。
ララとは現地の言葉で「波」を表し、また「新しい流行」という意味もあります。海や空を連想させるブルーのボーダー柄。
やや厚手の手織りコットン製。スリランカより。
ヨコ43×タテ52×マチ15cm
ミニポーチ:ヨコ10×高さ18cm
2004年12月26日、3万人以上の命がうばわれたインド洋大津波。グローバル・ヴィレッジも支援している「クルフ(CRUF)」は、この翌年の2005年、被災地復興をめざしてスリランカ南部で設立された財団です。被災直後の食糧・衣類の緊急援助から始まり、その後は国内各地で民家や公共施設の修復・新設に大きく貢献してきました。さらに、地域の人びとの長期的な収入向上を目指すプロジェクトにも力を入れ、2007年2月には「ララ(RALLA)」ブランドを設立。「ララ縫製工場」では、スリランカの伝統的なテキスタイル技術をもとに現地で手に入る素材を生かした、クオリティの高いバッグの生産が開始されました。ここでは研修センターも設けられ、新たなスタッフに対しての技術指導が行われるほか、保育所を併設するなど、女性にも働きやすい環境が提供されています。現在、この工場で働く30名以上の生産者たちのほとんどが、津波の被害で家や家族を失った人びと。ララ・ブランドの製品を応援することが、彼らの自立を支援し、生活の向上に貢献することにつながるのです。


メイド服、巫女衣装で萌える?

ついに来た、緊急地震速報

本日、2008年9月11日はある意味記念すべき日となりました。
北海道で強めの地震が発生。
一部地域で震度5弱を観測。津波も発生しました。10センチとか。
そして、ラジオなどでは緊急地震速報が流れました。
北海道全域で流れたようですが。
北海道といっても広いから、大した揺れなかった地域も多いです。
慌ててしまった人も多かったはず。
色々な意味で振り回された、影響を受けた人も多かったはず。
そして、役に立った人、も、やっぱりいるはず。
このシステム、長所短所は必ずあるけど、やらないよりはやる方が良いのは間違いありません。
あとは、受け取る人が、パニックにならずに冷静に行動できるかどうかで、情報の価値というものは変わります。
キーワード:緊急地震速報

■【緊急地震速報ステッカー】 床貼り用 地震時安全避難場所
安全保安用品専門 安全機器(株)


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

9月1日は防災の日スペシャル2008年版

本来なら九月一日に投稿しなければならない記事ですが、この文章を実際に書いたのは五日です。すみません。
今年は、中国で大地震が起きました。日本でも、東北地方で大きい地震が起きています。
が、それ以外にも災害はあります。防災は、かならずしも地震だけを想定しているものではありません。
特に、避難が必要な事態になりそうな場合もあります。
今年はかなり多いような。
洪水です。
長期避難が必要な洪水もあるようですが……瞬間的に発生する都市型洪水による被害がしょっちゅう出ている模様ですが。
アスファルトやコンクリートで覆われていて、短時間に強い雨が降ると、水が吐ききれずに、低い土地に集中して危険なことになる。
川の上流で大雨が降って、下流で氾濫というケースもあったようです。
集中豪雨、というものに、都市は案外弱いようです。
具体的対策も無さそう。個人が、危険をしっかり認識して自衛するしかないでしょう。
キーワード:集中豪雨

水で膨らむ土のう!吸水性簡易土のう特需タイプ吸水量18kg(20枚入り)
レスキューストア


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

岩手・宮城内陸地震。震度6強M7.2 死者3人負傷多数

はい、中国四川省大地震の衝撃もさめやらぬ昨今ですが、本日、日本で大きい地震が起きました。
14日午前8時43分ごろ、東北地方を中心にマグニチュード7.2の地震が発生。現在分かっている時点で死者三名、負傷者多数が出ているようです。
地震が起きるたびに同じことしか言っていませんが、懲りずに言い続けます。
まず、被害が少しでも小さく済んでほしいです。
そして、今回地震に遭わなかった、あるいは大きな被害を受けなかった人は、油断しないこと。
次に、自分の身に大地震が降りかかって来るかもしれません。
その日のために、防災対策をしっかりして、日頃から防災意識を持ち続ける。
それが、地震災害で亡くなった方への最大の供養だと思うからです。
だから私は、大きな地震が起こるたびに、毎回ブログで記事を書きます。ワンパターンですいませんけどね。

■【楽天市場最安値に挑戦】がんばれ!楽天イーグルス!マー君!田中将大の魔球王
価格最前線


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

四川大地震

2008年5月12日。中国四川省で大地震が発生しました。
マグニチュード7・8。
現時点で分かっているだけでも死者10000人以上だそうです。
オリンピックを控えた中国、何かと試練の国です。
「夜には北京で地震が起きる」「実は政府は1週間前に地震を予知していたが、対策を取りようがなく、混乱するだけと発表を見送った」といったデマも飛び交ったようです。

ユーラシア大陸とインド亜大陸がぶつかり合うことによって起きる地震だということですから、規模もまた大きいですね。
被害が少しでも小さく済めばいいと思います。

ユーワ杜仲茶5袋セット♪
大海(やまと)ショップ


メイド服、巫女衣装で萌える?

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。